ダイヤモンド買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

ダイヤモンド買取について

ルースダイヤモンドの買取価格はいくらぐらい?

ダイヤモンドやプラチナなどの宝石を買い取ってもらいたいときには買取専門店を利用するといいです。
買取専門店には専門知識を持ったプロの鑑定士がいます。
なのでその品物に合った査定金額を提示してくれるので安心して買い取ってもらうことができます。
最近はリサイクルショップなどでも買い取ってくれるお店があるといいますが、きちんとその品物の価値にあった金額を提示することができる鑑定士がいるわけではないので相場価格に合わせた金額での買取になる場合があります。
そのようなことにならないためにもできるだけ買取専門店を利用して買い取ってもらうようにするといいです。

ダイヤモンドやプラチナなどの買取をしてもらうときには買取実績がきちんとある鑑定士がいるお店に持ち込むようにしましょう。
買取専門店のブログやホームページなどを見ると、実際に買取したときにことや買取価格などについて書いてあることが多いので参考になります。

買取専門店へ持ち込むときには購入したときに付属していたものをすべて一緒に持ち込むようにするといいです。
ボックスや袋、布やケースなどのほかにも鑑定書や鑑別書も一緒に持ち込むことで買取価格によい影響があります。
ダイヤモンドにはカット、カラー、クラリティ、カラットの4Cというものがあるのですが、そのこともきちんと鑑定書や鑑別書には書かれています。
それがその品物の証明書になるので必ず忘れずに買取専門店へ持ち込むようにしましょう。
ダイヤモンドやプラチナにはリング、ネックレス、イヤリングやブレスレットなどさまざまな品物があります。
それぞれの価値をしっかりと査定して金額を提示してくれるので購入したときに付属していたものはできるだけしっかりと保管しておくようにするといいです。
また日常使いしていたものなどは傷や汚れがある場合もありますが、それらをきれいにしてから持ち込むようにすることで高額査定を期待することができます。
布で優しく拭き取ったり、専門の業者やお店できれいな状態にしてから買い取ってもらうという場合もあります。

ダイヤモンドの指輪とプラチナの指輪、カラーダイヤモンドのピアスなどを買い取ってもらったことがあるのですが、鑑定士の方がとても丁寧に査定をしてくれて、納得して買い取ってもらうことができました。
大切にしていた品物だったのでできれば高額査定を期待していたのですが、相場をあらかじめ調べてあったものよりも高額で買い取ってもらえました。
傷があまりなかったこと、鑑定書や鑑別書、購入したときのものがほとんどそろっており、きちんとお手入れをしていたからだということでした。

宝石を買い取ってもらうときの方法はいくつかありますが、買取専門店で買い取ってもらうときには店舗、出張、そして宅配の3つが主に選ばれています。
一番多いのは店舗への持ち込みでの買取です。
その場できちんと査定をしてもらうことができます。
品物が多いときや遠方にお店があるので自分で持ち込むのが難しいときには宅配買取を利用するといいです。
ダンボールに品物や鑑定書などをすべて入れて送るだけでいいので簡単です。
荷物を郵送するだけできちんと買い取ってもらうことができるので忙しい人にも便利です。
またひとつひとつの品物の料金を提示してくれるので安心です。

出張買取は自宅まで買い取りにきてくれるので、品物が多いとき、車を持っていないので店舗まで行くことができないという人などには便利です。
鑑定士が自宅で目の前でみて買い取ってくれるので丁寧に扱ってくれているのがわかりますし、その場で現金で買い取ってもらうことができるので面倒な振り込みなどの手続きをしなくていいのがいいです。

1カラットのダイヤモンドの買取価格の相場は?

ダイヤモンドを買取りに出す場合、まずは査定を受け、その結果を見て売るかどうか決めると言うのが基本的な形です。
買取りの場合、基本的には鑑定書付きのサイズの大きなダイヤモンドの方が高額買取が期待できる形となっていますが、メレダイヤと呼ばれる小さなサイズでも鑑別所付きだったりブランド品の場合は高額買取となる可能性もあります。

一般的に1カラットの場合は、0.2gに相当します。
またダイヤモンドの査定をする場合は他の宝石とは違って、4Cと呼ばれる審査基準があります。
これはカラット、カラー、クラリティ―、カットの頭文字に着くCをとった物です。
またどの様なカットをしているか、と言う事でも価格が違っているので、全て同じ買取額となるわけではありません。
さらに市場の動向等によっても買取り相場は変動する為、時期によって高くなったり安くなったりします。

現時点での1カラットのダイヤモンドの買取り価格の相場は、グレードの低い物の場合は大体15万円程度での買取と言う事になっています。
ある程度の石のサイズは有りますが、透明度やカットなどでどうしてもそのくらいの金額が算出されます。
また高いグレードの物は大体80万円程度の買取りとなっており、その相場の額にはかなり差がある状態です

ただこれは宝石だけの買取り価格と言う事になっており、実際にはそれがブランドものだった場合、あらにどういった金属でできているアクセサリーかという事でも変わります。
ブランドかどいうかという事でも付加価値が付き、さらに使っている金属によってもその価値は変わるからです。
またジュエリーの場合、そのデザインが新しい物かどうかでも買取り額は変わってきます。
新しい物の方が流行のデザインとなっている場合が多く、さらにやはり売りやすい傾向となっているので、高く評価されやすいからです。

しかし、古いものだったとしても、またノーブランドの物だったとしても安くなりすぎると言う事はまず有りません。
何故なら、ジュエリーとしては流行っていなかったとしても、そこについて居る宝石や使っている金属に価値があるからです。
もちろんダイヤだけでなく他の意志も使っているデザインとなると、その石の価値も合わせて算出されます。
また鑑定書などがもしなかったとしても、100%買取りしてもらえないと言う訳ではなく、買取対象とみなされる場合も多々あります。

ジュエリー自体はそこに使われている石の価値や人気だけでなく、デザインやブランドかどうかと言う事でもかなり金額が変わります。
ただ共通して言えるのは、購入した時よりも買取り価格の方が安くなると言う事です。
1カラットと言うのは結構大き目のサイズで、買取対象としては非常に魅力的なサイズと言えます。
その為、小粒の物に比べるとはるかに高く評価される為、クオリティが低かったとしてもそれ程査定額が安くなりすぎると言う事は有りません。
ただこれらの価値と言うのは時期によっても大きく変動します。
現在買取り業者に持ち込まれるのは新しい物も多いのですが、実はバブル期に買った物も多数存在しています。
バブル期の場合は今に比べると販売価格が高い物も多く存在しているのが特徴です。
その為、買取を利用しようと思う場合、中には購入時の役10分の1程度の査定額となる物も存在している程です。

ただ金属が錆びてしまっていたとしても宝石が評価されれれば買取りとなるし、リングの場合、中に刻印があったとしても大丈夫です。
また業者によっても査定額には差が出るので、出来るだけ高額買取をしてもらいたい時は、複数の業者に査定をしてもらいましょう。
そして最も高い額を提示した所に売れば、よりお得に売却できる仕組みです。

ダイヤモンドの買取相場はどこで調べたらいいの?

ダイヤモンドがついたリングやネックレスなどのジュエリーを売却を検討する場合、ダイヤモンドやカット詳しい業者を利用すると良いでしょう。
鑑定書や鑑別書などが付属していて、状態が良ければ買取業者は高値で対応をしてくれます。
買取相場を調べるにはいくつか方法があり、例えば店舗に出掛けて無料査定をしてもらったり、インターネットで検索することも可能です。
インターネットにある専門業者のサイトにはジュエリーのカットやカラーなどを元に査定することができます。

ジュエリーの買取には店舗の運営方法によって、主に3種類に分類することができ、例えば実店舗タイプの場合、無料買取を行ってくれたり、金額が決定してから代金をもらうまでのスピードが速いことが特徴です。
宝石査定士から説明を受けることができたり、疑問があった場合すぐに解決することができるでしょう。
しかし実店舗まで行くのに時間や費用がかかるケースがあります。
最近主流になってきている宅配タイプは、店舗側の運営費用がかからないのでその分経費を抑えることができるので、買取価格がアップする傾向にあります。
宝石を郵送するだけで手間も時間もいらず、店舗に出向く必要もないので便利です。
しかし宝石を輸送するのに多少時間がかかったり、売りたいと思った時に代金をすぐには受け取れません。
出張タイプは店舗を運営する費用がかからずその分経費を安くすることができるので、宅配タイプと同じく買取価格が高額傾向にあります。
電話や電子メールなどで自宅まで業者が来てくれるので、ほとんど手間がいらないでしょう。
しかし対応している業者がやや少なかったり、店舗の都合によってすぐには来てもらえないことがあります。
買取業者によっては得意な買取方法があり、最近の買取業者は店舗タイプと宅配タイプを行っていたり、プラスして出張タイプにも対応している業者がありますが、買取業者によっては宅配タイプだけという店舗もあります。
どのタイプの業者なのかを調べるには、その業者のインターネットにあるホームページをチェックすると良いでしょう。
実店舗タイプが得意な場合、全国の各エリアにおいて店舗を持っていたり、店舗数が多かったり、具体的なサービスをアピールしています。
店舗数が多いということは、店舗タイプの買取が得意にしている業者が多いでしょう。
宅配タイプが得意な場合、インターネットのホームページにおいて宅配買取に関して前面にアピールしています。
店舗での買取を行っているケースも多いですが、「宅配」と言う文字がインターネットのホームページにあると、宅配買取を得意とする業者と思われます。
出張タイプのジュエリー買取業者は多くありませんが、ホームページにおいて「出張」をアピールしています。

ダイヤモンドの買取店を選択するにはそれぞれのタイプを見分けて、どのようなアイテムを売りたいのか、売りたい方法を考えて店舗を選択すると良いでしょう。
買取専門店なのか、販売も行っているのかも考慮します。
買取専門店の場合、自店舗において在庫にするリスクが低く、珍しいタイプのジュエリーでも査定し、買い取ってもらえる可能性が高いです。
販売も行っている店舗の場合、ダイヤの場合は自店舗で販売することができるので、高値で買い取ってもらえます。
ダイヤを高値で売却するのに、いくつか査定金額を比較してみると良いでしょう。
インターネットを利用して、ジュエリーの価格をチェックしてみたり、実店舗に足を運んで無料査定だけを受けるという方法もあります。
きれいな状態で、新しければ新しいほど高値で売却することができるので、使わなくなったらスピーディな判断が大切になります。

ダイヤモンドの婚約指輪は高く買取ってもらえる?

一生の記念としてのダイヤモンドの婚約指輪でも、何らかの事情で不要になってしまう場合があります。
不用品を買取ってくれる業者に売却すれば、現金に換えられるので、タンスの奥に収納しておくよりも有効活用となります。
ただし、業者は買取った品物を再販売することで利益を得ているため、市場における価値と、商品としての需要の有無を重視しているのです。
宝石は昔から価値がある物体として重用されていますが、リングに使われている場合は形状とサイズがそれぞれ異なっているので、正確な査定価格を知るためにはプロの査定士に見てもらうしかありません。

ダイヤモンドの婚約指輪の査定では、ブランドジュエリーであるのかどうかが最も重要になります。
ブランドジュエリーは、そのブランド名に大きな価値があるので、使用されている宝石の大小よりも査定額に反映されやすいのが特長です。
世界的に認められているため、最高級のブランドでは定価の半分ぐらいの高額査定が出るケースすら見られます。
ノーブランドの場合は、仮に高い定価だったとしても、同じ価格帯のブランド物よりも低品質の宝石が使用されているケースが多く、プロの査定士によるチェックで、客観的に妥当な査定額が提示されるのが普通です。

ダイヤモンド等の宝石としての価値は、カットなどの主要な項目によって判断されます。
リングの購入時に店舗から鑑定書をもらえるのが通常の流れだから、ノーブランドでも過去にお店のスタッフから渡されていないかどうかを再チェックしてみましょう。
信用のおける鑑定機関が発行した鑑定書があれば、オンラインの簡易的な査定であってもほぼ正確な価値が分かります。
業者によっては、専門知識がある査定士に査定させることでの査定料金を請求してくるので、まずはオンラインで簡単に時価を調べてみるのも一つの手です。

査定価格は、宝石が重く、綺麗であるほど高くなっていき、買取りの業者では鑑定ができるプロによって、店頭でも短時間で査定価格を教えてくれます。
もっとも、様々な物品を買取っている業者では、リングに詳しくないスタッフが鑑定する可能性もあるので、国際的な資格を持っているプロが在籍しているお店を選ばなければいけません。
ただでさえダイヤモンドは査定士によって査定結果が大きく変動する品物だから、客観的に信頼できることが大切なポイントです。

現在では自宅から査定してもらいたい物品を発送する宅配買取りもありますが、高価なリングをよく知らない業者に送るのはリスクが高いので、自分でお店に持ち込むスタイルをお勧めします。
日本全国の主要都市に店舗を構えている大手の業者は、直接持ち込みに便利な立地にあるから、他の用事のついでに立ち寄れます。
多くの方に持ち込んでもらうために査定料金が無料になっている点も、大手がよく選ばれている理由の1つです。

スタッフの技術力を向上させるために定期的に研修をして、国際資格を取得させている業者と、よく分からないまま適当に買取りをしている業者とでは、信用から査定価格に至るまで雲泥の差があります。
接客の態度としても、人気がある業者は洗練されており、その値段になった理由の説明を丁寧に行ってくれるのです。
納得できずに他の業者に持ち込む場合でも、やはりきちんとした接客をしてくれるため、自分にとって一番高い査定価格を提示してくれたところを選べます。
かつては大事な品物だったからこそ、ダイヤモンドの婚約指輪としての価値を理解してくれて、相場通りの誠実な査定で応えてくれる業者に買取ってもらうべきです。
宝石の価値は一般人にはなかなか分かりにくい分野ですが、付属の鑑定書を参考にしながらインターネット上で調べることで、ある程度の見当をつけられます。

0.2カラットのダイヤモンドの買取価格の相場は?

ダイヤモンドは婚約指輪の石として、またファッションジュエリーとしても人気の宝石です。
また、価値が変わりにくく耐久性があるため、母から娘へと受け継がれることが多い宝石でもあります。
そのため既婚未婚を問わず、指輪やネックレスなど、いくつかダイヤモンドのアクセサリーを持っている、という人も多いのではないでしょうか。

そんな場合、少し手持ちのものを整理して、本当に大切なものだけを残し、後は買取に出すというのは一つの考え方です。
売却した代金で新しいジュエリーを買ったり、ちょっとおいしいものでも食べに行ったりと、色々使い道の想像が広がります。

ここで気になるのは、ジュエリーやアクセサリーを買取に出すときは、どのような査定を受けることになるのか、また、どれくらいの価格になるかということでしょう。

買取に出す場合、査定額は宝石の価値と地金の価値、あとはほぼブランドジュエリーであるか、そうでないかによって決まります。
一番わかりやすいのは地金の価値です。
金製品なら18K、24KといったようにKのつく数字が、プラチナ製品ならPt950などのようにPtのつく数字があります。
これはそれぞれの純度を表すもので、金製品は24分率、プラチナ製品は1000分率です。
つまり24Kならほぼ100%の純金、Pt950なら95%のプラチナということになります。
当然純度が高いほど価値は高く、後は重さでその日の取引相場により値段が決まるのです。
では、宝石の価値はどのように測るのでしょうか。

ダイヤモンドの場合、その価値を決めるのはいわゆる「4C」といわれるものになります。
これはColor(色合い)、Clarity(透明度)、Cut(形)、Carat(重さ)の4つの頭文字を示す言葉です。
つまり、より無色(一部のカラーダイヤを除く)に近く、より透明(傷や内包物が少ない)に近く、形が整っていて大きいものほど価値が高くなります。

では一般的に婚約指輪に使われる大きさである、0.2カラットのものでは、いくらぐらいが買取価格の相場になるのでしょうか。
ほとんど傷のない、ClarityがVVS1クラスのもので、Colorが無色のD、Cutが最高のExellentの評価なら、90,000前後が相場です。
これを最高額として、後はCarat以外のグレードの違いにより、値段が下がっていくことになります。
特に傷の有無による差は大きく、ClarityがSI1に下がるだけで約半分ほどにまで査定額が下がってしまうのです。

そのため、いざという時には買取に出すことを考えている人は、普段からジュエリー自体の保管方法にも気を付ける必要があります。
ダイヤモンドは地球上でもっとも硬いといわれるほど頑丈な宝石です。
しかし同じ硬さであるダイヤモンドを裸のまま一緒にすると、ともずれと言ってお互いが傷をつけあってしまいます。
つけたあとはそれぞれケースにきちんとしまいましょう。
旅行先などではジッパー付きの小袋などに分けます。
また、脂がつきやすいものなので、やわらかな布で汚れを拭き取ることも大切です。
汚れがひどい場合には水で洗って綺麗に拭き取り、自然乾燥させましょう。

そのほか、ブランド品であった場合は、ブランドとしての価値が上乗せされるため、買取価格にプラスアルファされた価格となります。

そのため、いざという時の買取価格をより高くしたい人は、鑑定書のほかに、ブランドの保証書やケースなどもしっかりと保管しておくと良いでしょう。

また、デザインによってもアクセサリーとしての評価が変わる場合もあります。
この部分での評価は買取を行う業者によって大きく異なる部分です。
地金は別として、そのほかの部分でも業者によって多少買取価格は変わります。
手持ちのものをできるだけ高く買い取ってもらいたいなら、いくつかの業者に査定を行ってもらい、まずは比較検討を行いましょう。

ダイヤモンドを高値で買取ってもらえる条件は?

宝石の王様でもあるダイヤモンドは婚約・結婚指輪を代表としたジュエリーに良く用いられています。
高価な宝石なのは周知の事実ですので、買取に出す際にも良い値で売れるのではないかと期待する人は多いはずです。

ただ、ダイヤモンドと言っても価値はピンキリです。
高く売れる条件にマッチしないと期待するほど良い値が付かない可能性もあります。
実はわたしもダイヤモンド付きのリングを何度か買取に出したことがありますが、思ったよりも高く売れない物もあって衝撃的でした。
しかしながらケースによって色々ですから、もしかしたら売ろうと思っているジュエリーについては良い値が付くかもしれません。

高く売れやすくなるための条件もあるのですが、まずどのようにカットされているかが影響してきます。
カット方法にはいくつか種類がありますが、中でも人気が高いのがラウンドブリリアントです。
カット部分を増やすことで光が様々な角度から入るようになり素晴らしい輝きを放ちます。
最も美しく見せるためのカットでもあるため非常に人気が高く、ダイヤモンドと言えばラウンドブリリアントとイメージする人も多いです。
したがって買取の時にも評価されやすいと言えるでしょう。

カラーも重要な査定ポイントです。
美しさを左右する大事なポイントで、基本的には透明度が高い物ほど価値が優れています。

しかし無色ではないカラーダイヤモンドでも高い価値が付くことがあります。
特にレッドカラーは人気があり価値も高いです。
希少な存在ですから手に入りにくく、時には無色の物よりも高価格になることもあるのです。
その他にもグリーンやパープル、ブルーなども価値があり、無色透明な物だけが高く売れるというわけでもありません。

鑑定書が付属するかどうかも買取価格を左右するポイントのひとつです。これはグレーディングレポートとも呼ばれ、ラウンドブリリアントの場合だけ発行されます。カラット、カラー、クラリティ、カットの4Cのほか、シェイプや蛍光性を意味するフローレンスについての情報が記載されています。

鑑定書は価値を判断するための参考材料になりますのであった方が有利になる可能性が高いでしょう。
ただ、無くても売ることは可能です。
ある程度は減額になってしまう可能性もあるものの、売れないわけではありませんから諦める必要はないです。

実際にわたしの場合も鑑定書の無い状態でも問題なく売ることができました。不備の状態ですと買取価格も下がってしまうと言われたものの、とりあえず売ることができて良かったです。付属書類があるに越したことはないですから、これから査定に出す際には欠かさず用意しておいた方が良いでしょう。

高く売るにはこうした条件が関わってくるのですが、ただ条件だけが価格を決めるポイントになるわけではありません。
お得な売り方をするには業者選びも重要です。
価格の付け方は業者で違っていますので比較をしてから売るのが鉄則です。

また、単に価格の付け方が異なるだけでなく、真贋を見極める目も違っています。
鑑定力が低いところですと本物か偽物かをちゃんと見極めることができない可能性もあります。
もし誤った判断をされてしまうようでは大変ですから、信頼のできるところを利用して売るようにしましょう。

基本的に無料査定ですので安心して見てもらうことができます。
査定にお金が掛かることはなく、キャンセルをする時にも無料の場合が殆どです。
もし買取に費用が掛かるような場合は避けた方が良いでしょう。

ちなみに売却をしたい時には宅配買取で売るのがおすすめです。
近くのところでは納得の値段で売れないこともあると思いますが、そういった時には宅配買取で高く売れるところを探し出すようにしましょう。

鑑定書なしでもダイヤモンドの買取査定はしてもらえるの?

ダイヤモンドやブランドジュエリーなどの宝石を買い取ってもらいたいというときには、専門知識を持った鑑定士が査定をしてくれる買取専門店を利用するといいです。

買取専門店ではプロの買取実績のあるしっかりとした鑑定士が査定をしてくれるので安心して買い取ってもらうことができます。
最近ではリサイクルショップなどでも買取をしているところもありますが、専門的な知識を持ったプロの鑑定士ではないスタッフが相場を参考に買い取っている場合もあるので、できるだけ買取専門店を利用することをおすすめします。

買取専門店の鑑定士がいるお店を利用するときにはお店のブログやホームページを見ることで、どのくらいの価格で買い取っているのか、鑑定士の買取実績などを確認することができます。
自分が納得できる査定額や買取価格で買い取っているお店を探して利用するといいです。

ダイヤモンド以外にもプラチナなどいろいろな宝石の種類があります。
きちんと判断することができる鑑定士がいるお店を選ぶようにしましょう。
ダイヤモンドにはカラー、カット、クラリティ、カラットの4Cというものがあります。その4Cによって査定額に違いがでます。
鑑定士はその品物の価値にあった査定額をきちんと提示してくれるので信用することができます。

ダイヤモンドやプラチナなどの宝石は指輪やネックレス、ブレスレットやピアス、イヤリングなどの装飾品として利用されていることが多いです。
なのできちんと日ごろからお手入れをしておくことが大切です。
購入したときに付属していたボックスや袋、ケース、布などを一緒に保管しておき、布で優しく汚れを拭き取っておくようにするというお手入れの方法もあります。
もし身に着けることが多く、傷や汚れなどがあるという場合は修理などをしてくれる専門店できれいな状態にしてから持ち込むという場合もあるといいます。

ダイヤモンドとプラチナの指輪があったので買い取ってもらうことにしたときにはどこで買い取ってもらうのがいいかと迷いました。
買取専門店でも自分が納得できる金額を提示してくれるお店を探すために何件かを比較して決めました。
店舗が近いお店があったので買い取ってもらうことにしたのですが、しっかりと査定をしてくれてひとつずつ品物の価格とその説明をしてくれました。
鑑定士の方が丁寧に取り扱ってくれているのがわかったので安心して買い取ってもらうことができてよかったです。
相場などを事前に確認して計算したものよりも少しですが高額になってうれしかったです。
鑑定書や購入したときに付属していたものなどをすべて一緒に持ち込んだ影響もあるのかもしれないですが、購入してからはあまり身に着けることがなかったので傷が少なかったのもよかったということです。

査定して買い取ってもらうときには店舗へ持ち込んで査定をしてもらい買い取ってもらう方法もありますが、郵送で品物を送って査定をしてもらう宅配買取などもあります。
また自宅まで鑑定士の方に来てもらって品物を査定してもらい、その場で買い取ってもらうという方法です。

いろいろな査定方法がありますが、大体この3つの方法が主に選ばれています。
一番多いのは店舗への持込ですが、宅配買取や出張買取も人気です。
出張買取は信用できる鑑定士の方がいるお店にお願いするのがいいです。
忙しい人や品物が多くてなかなか店舗に持ち込むことができない、車がないのでお店までいくことができないというときなどに便利な方法です。

宅配買取は品物が多いときや買い取ってほしいお店が遠方にあるときにはダンボールに入れて送るだけでいいので簡単なのがいいです。
傷つけないように気をつけて入れて送るようにしましょう。

ダイヤモンドや宝石の買取で失敗しないためには?

ダイヤモンドやジュエリーなどの宝石を買い取ってもらうときには買取専門店を利用しています。

買取査定はジュエリーの流通市場の相場観や長年の経験も必要になので、しっかりとした鑑定士がいるお店を選ぶことが大切です。
お店のブログやホームページを見ることでその鑑定士の買取実績やどのくらいの価格でダイヤモンドやジュエリーなどの宝石を買い取っているのかを確認することができます。

ダイヤモンドはカットやカラット、カラーなどによって買取価格が違います。宝石には必ず鑑別書や鑑定書というものがあります。
それを一緒に持ち込むことで高額査定で買い取ってもらうことができる場合もあるので、買取専門店を利用するときには忘れずに持ち込むようにしましょう。
たとえば、リングでもルースがあるものとないものでは鑑定したときに買取価格に違いが出ます。
そのことをきちんと調べるには時間がかかってしまう場合もあるので、あらかじめ鑑定書や鑑別書などを持ち込むことでスムーズに買い取ってもらうことができるようになります。

査定料金はきちんとそのときの流通などの状態で判断してくれるので安心して任せることができます。

買取方法は大体3つの方法があります。
店舗に持ち込む方法、郵送をして査定をしてもらう宅配査定、そして自宅まで来てもらって買い取ってもらう出張買取です。

一度店舗に持ち込んで査定をしてもらったことがあります。
小さいけれどダイヤモンドがついているリングで、ルースがついていないものだったのですが、しっかりと査定をしてくれて、こちらが納得できる内容の料金を提示してもらうことができたのでよかったです。
またきちんと鑑別書や鑑定書も提示したせいか、じっくりとそれらを見てくれたようでいつの年代のものか、ブランドで作られたものなのでこのくらいの査定料金になる、という風に詳しく説明してもらうことができました。
はじめに買取専門店を利用しましたが、きちんとした対応をしてもらうことができて安心しました。

リングもいろいろなタイプのジュエリーがあるのであらかじめきちんとその宝石がどんなものなのかを説明されている書類があるほうが早く査定をすることができるのでいいと思いました。
鑑定士の方もしっかりとその書類を確認してくれたので納得できる料金を提示しやすくて、さらに信用ができるジュエリーだと判断されて高額査定になったということでした。

査定料金もしっかりとした説明の上で提示された金額なので納得しやすいと思いました。

郵送して査定をしてもらう宅配買取は遠方にお店がある場合や品物が多いときなどに便利です。
品物がいろいろとあって重いときや、車などがなくて自分だけでは店舗に持ち込むことができないときなどにはダンボールに傷つかないように入れて送るだけでいいので簡単です。
査定の結果もきちんと伝えてくれるので、どの品物がどのくらいの価格になるのかまできちんと納得できたら買い取ってもらうことができます。

出張買取は自宅まで来て直接鑑定士の方に査定をしてもらい、その場で現金で買い取ってもらうことができるというのが特徴です。
忙しい人やなかなか店舗まで持ち込むことができないというときにおすすめの査定方法です。
自宅まで来てもらい、その結果納得ができなくて買い取ってもらうわないということになっても無料で査定をしてもらうことができるので安心です。

自分の都合に合わせて選択することができるので、ダイヤモンドやジュエリーなどの宝石を買い取ってほしいというときにはそのお店の買い取り方法を確認して自分に合った方法で買い取ってもらうといいです。
鑑別書や鑑定書だけではなく、ボックスや包んであった袋、ケースなども一緒に持ち込むようにしましょう。

ダイヤモンドの買取で見積もりだけしてもらってもいいの?

ダイヤモンドに限らず、宝石の買取査定は買取店によって大きな価格差が出てきます。
まったく同じダイヤモンドでも20倍以上の価格差が出ることもあり、一般的な買取相場というものは無い世界とも言えます。
そのため、最も良い査定額で買い取ってもらうためには、可能な限り多くの買取店で見積もりを受けたほうが良いということになります。
見積もりだけしてもらっていいかどうかというより、まずは多くの買取店で見積りだけしてもらって、それぞれの店舗から提示された査定額をしっかりと比較検討した上で、最も高値をつけてくれた店舗で買い取ってもらうことは当然のことと言えます。

最近は、街なかにも貴金属類の高価買取を謳う業者の店舗が増え、気軽に相談できる雰囲気をアピールしているところもありますが、急速な店舗展開をしてるチェーン店の中には、宝石の価値をしっかり把握しているベテランの査定人ではなく、簡単なレクチャーを受けただけの経験の浅い従業員しかいないところもあり、そういったところでは、どうしても安い見積もり額を提示されてしまいがちとなります。
現在は大抵の買取店で無料見積もりを行うことを標榜していますが、肝心の査定の力量が今一つの店舗では、せっかくの高い品質を持ったダイヤモンドの価値が見過ごされてしまう恐れがあります。
それだけに見積もりを受ける前には、信頼できる業者かどうか、まず自分自身がしっかり見極めをしておくことが大事となります。

宝石の見積もりにあたっては、ダイヤモンドのみならず、鑑定書を用意して臨むことが重要です。
きちんとした鑑定書があれば、その時点で宝石の真贋鑑定はパスしたことになりますので、あとは本物としての、石そのものの価値が見極められることになります。
鑑定書がない場合、業者は検査機器によって真贋を見極める検査をします。正真正銘のダイヤモンドと判定されたのちは「4つのC」によって価値が調べられます。
重量を示すカラット(Carat) 、色合いを見るカラー(Color) 、内包物の有無などの透明度を測るクラリティ(Clarity) 、光の屈折を左右するプロポーションを決めるカット(Cut) という、それぞれ4つの頭文字を持つポイントが、品質の見極めで最も重要な基準となります。
リングの場合、ブライダルリングとして造られているものは、品質自体が比較的良く、特に美麗なダイヤモンドを使用しているケースが多いことから、高価買取となる可能性が高まります。

品質に対しての見積もり価格そのものは概ね同じくらいだったとしても、買取店によって差が出るポイントの一つに、その買取店が、有力な転売先を持っているかどうかということがあると言われます。
買い取った宝石をすぐに高値で引き取ってくれる転売先があれば、見積もりを依頼して来た人にも高めの価格を提示することができます。
そういった有力な取引先がない場合、買取店側の損を防ぐためにも、あまり高値が付けられないことになります。
実際に高額で買い取ってもらえたという口コミが多い買取店は、確実な転売ルートを持っているということになりますので、見積もってもらう上でも安心感があります。

購入時にたいへん高額で相当品質の良い宝石であっても、買取依頼をする段では元の価格より10分の1ほどになるのが相場という説もあります。
しかも買取店によっては何十万円も差が出て来ることもありますので、多くの店舗で「見積だけ」してもらうことは、安く買い取られないためにも、売る側としての大事な防衛手段でもあります。
見積もり後、すぐに手放すよう急がせる店舗はむしろ大いに避けるべきですので、査定依頼をする前にしっかりと買取店の厳選を行っておくことは特に大切と言えます。

東京都内でおすすめのダイヤモンド買取業者は?

大切に所持していたダイヤモンドを売りに出す時はどのような買取業者に依頼をするのが良いのでしょうか。
買取を行っている業者の数は宅配買取専門の業者を含めると膨大な数になります。
お住いの地域にあるリサイクルショップでも扱っているかもしれません。
しかし、何も考えずに業者を決めてしまうのはあまりに危険な判断なので注意が必要です。
慎重な業者選びをすることで満足のいく結果を得ることができます。
それだけ、ダイヤモンドの買取は難しいものであると言えます。
業者によって査定金額にも大きな差が生まれることがありますので、慎重に選んでいく必要があります。
ダイヤモンドなどの宝石類の査定には業者によって金額に差が生まれてきます。
購入金額と比べてはるかに安い査定金額になってしまうケースも少なくありません。
そういった事態になってしまうのには理由があります。
その理由は業者がダイヤモンドの買取のノウハウを持っていないからです。
相場や市場価値を正確に判断できないため、安くつけるしかなくなります。
それでは、せっかく大切な宝石たちに正しい査定金額はつくことがありません。
高価買取が期待できるのは実績とノウハウを持った業者に限ります。
安易に近い場所で探すのではなく、適正な価格をつけてもらえる業者を探すことが重要です。
また、高価買取が可能な業者には宝石類の販売ルートが確保されています。
そのため、他業者よりも高い値段で取引することが可能です。
これらの条件が整っている業者は多くはありません。
たくさんある買取業者の中から査定を依頼する業者を選ぶのは簡単な作業ではありません。
しかし、慎重に選ぶことで納得のいく結果を得ることができます。
マルカに在籍する査定士はダイヤモンドを正確にグレーディングできる技術を持っています。
価値を的確に見極め、買取を行うため他業者よりも高い値段での取引が可能になっています。
知識のない業者の場合、販売時に赤字になってしまうことを恐れて低い評価で出してしまうことがあります。
こういった業者では高価買取は期待できないので注意が必要です。
マルカの最大の魅力はノウハウの蓄積と実績にあります。
どの業者よりも高く買い取り、高く販売できるからこそ高価買取が実現できます。
買取を行ってくれるのは綺麗な状態のものだけだと考えている方がいるかもしれません。
しかし、マルカでは傷や輝きの少ないアクセサリーやジュエリー、立爪リングからデザインリングへの変更、台座が外れてしまっているものでも相談を受けています。
こういった対応が可能なのもノウハウの蓄積と実績が大きく影響しています。
中には鑑定書をなくしてしまった方もいるかもしれません。
その場合も正確な価値を教えてもらうことができます。
マルカの買取には三つの方法があります。
店頭買取、宅配買取、出張買取のうちから自分に合っているものを選ぶことができます。
いくらぐらいの値段がつくのか事前に知りたい方には無料査定もおすすめです。
無料査定を行うことでおおよその値段を依頼前に把握することができます。
買取を行っている業者は数多く存在します。
しかし、専門知識やノウハウを持ち合わせていない業者もなかにはあります。
そういった業者に依頼をしてしまうと予想以上の安価での取引になってしまうこともあります。
安価での取引になってしまうのは業者にノウハウと実績がないからです。
依頼をする前に慎重に業者選びを行うことでこのような失敗を未然に防ぐことができます。
マルカにはダイヤモンド買取のノウハウの蓄積と実績があります。
マルカのように専門的な知識を持ち合わせた業者に依頼をすることで、高価買取を実現できます。

« 過去の記事