ダイヤモンド買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

ダイヤモンドの希少性

ダイヤモンドは同じものは存在しない

ダイヤモンドは自然から採掘された鉱物です。
採掘したダイヤモンドを人間が削ったりカッティングしたりして、美しいダイヤモンドが出来上がるのです。
つまり、ダイヤモンドには同じものが2つ存在することはないということです。
サイズ、形、色、様々な内包物や傷、特徴を持つダイヤモンドがあります

研磨されたダイヤモンドは全て価値があり、その価値は評価の要因が組み合わさって決められます。
希少性は、その要因の一つです。
特定の性質を持つダイヤモンドほど稀少性が高く、その性質を持たないものと比較すると価値が高くなります。

専門家は、体系的な方法で要因を評価します。
そうでもしなければ、ダイヤモンドを別のダイヤモンドと比較する方法はありませんし、個々のダイヤモンドを評価する方法はないからです。
専門家は、1950年代にGIAよって開発されたグレーディングシステムを使用し、カラット(重量)、クラリティ(透明度)、カット(プロポーション)、カラー(色)の『4C』で評価します。

ダイヤモンドの価値

『4C』の要素に基づき、組み合わせて評価をして、最終的に成形されたダイヤモンドの品質を表します。
ダイヤモンドの価値は、『4C』の一つ以上の要素に希少性があることで左右されます。
例えば、『無色透明なダイヤモンド』は非常に希少です。
ダイヤモンドは無色透明だと思われていますが、実際にはほとんどのダイヤモンドにイエローかブラウンの色が微かに付いています。
ですから無色透明なダイヤモンドは、黄色みがかったダイヤモンドよりも“カラーグレーディング”では評価が高くなります。
希少性の高いものは価値が高くなり、その関係は切り離せないものです。
この場合、“カラー”において、無色透明のダイヤモンドが、微かに黄色みがかったものよりも少なく珍しいため、価値が高くなるということです。
希少性と価値の関係は、カット、クラリティ、カラットにも同様に当てはまります。

4Cそれぞれの希少性

『4C』は、カット(プロポーション)、カラー(色)、クラリティ(透明度)、カラット(重量)の4つのC(頭文字)のことです。
ダイヤモンドそれぞれの品質を現したもので、ダイヤモンドの価値はこの『4C』に基づいています。

カラー(色)

ダイヤモンドの色の違いは、その価値に影響を与えます。
無色透明なダイヤモンドが最も希少性が高く、黄色みが濃くなるほど価値は低くなります。

クラリティ(透明度)

ダイヤモンドは自然から生まれた鉱物です。
自然界において完璧なものは、ほとんどありません。
もちろんダイヤモンドにも当てはまることです。
ダイヤモンドには内包物や傷があり、これらをクラリティ特徴と呼んでいます。
クラリティは内包物や傷が相対的にどれだけ少ないかを表すもので、透明度が高いほど希少性が高くなり、内包物や傷が多いものほど価値は低くなります。

カット

ダイヤモンドは永遠に輝きを放ちます。
ダイヤモンドは光を受けて、カットによって反射し、美しく輝くことができるのです。
あらゆる角度で光を反射し、より輝くダイヤモンドほど美しく写るでしょう。

ダイヤモンドに光が入り美しく反射するには、ダイヤモンドのプロポーションが非常に重要です。
入ってきた光が抜けずに、全て反射させることができれば、その輝きは素晴らしいものとなります。
最も美しいカットをラウンドブリリアンカットとしており、3EX(トリプル エクセレント)の評価を得たものが希少性が高いと言われています。
3EX(トリプル エクセレント)とはカットの総合評価で、“研磨”“仕上げ”“対称性”の3つ全ての項目で『Excellent』の評価を得たカットのことです。
『Poor』が最も価値が低いとされています。

«
»