ダイヤモンド買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

宝石学とダイヤモンド

宝石学とは

宝石学は宝石や貴金属を鑑定し、評価するための学問で、『地質学』『鉱物学』など地球科学の一端となります。
専門教育として画一しており、宝石を評価する資格を得ることができるものです。
また、学問として学んで経験を積むことで、宝石鑑定士の資格を得ることができます。
中にはダイヤモンド専門の鑑定士など、一種類の宝石だけの鑑定士もいます。

鑑定士の資格

鑑定士の資格は、国家資格ではなく民間資格です。
ですから、主催者によっては試験を受験するのみの場合と、講義を受講した後の受験する場合があります。
全く知識がない方であれば講義を受講できる形の方が良いでしょうし、ある程度ジュエリーショップなどで経験があり知識がある方の場合には、いきなり試験を受ける形式の方が良いでしょう。

ただし、日本においては鑑定士としての資格は民間資格であるため、資格そのものよりも経験が物を言う世界だと言えます。

宝石学を学ぶ方法

宝石学を学ぶ場は、日本では決して多いとは言えません。

専門学校の宝石学科、通信教育、大学の工学部で宝石学を学んだ経歴がある方もいますし、単発で大学の宝石学講座や宝石学セミナーなどを受講する方もいます。
より深く知識を得るためには学問として学ぶ必要がありますが、職業にする予定がない場合には単発の口座やセミナーを2~3時間受けるだけでも十分な知識を得ることができるでしょう。
また、個人的に興味があって勉強したいのであれば、たくさんの書籍が出ていますので、書籍から知識を得ることもできます。

ダイヤモンド専門の宝石学

ダイヤモンドだけの宝石学を学ぶ人は、世界中にたくさんいます。
それだけダイヤモンドは、宝石としても鉱物としても魅力があるということです。
ダイヤモンドが『4C』で評価されるということは、ご存知の方も多いのではないでしょうか。
『4C』とは、カラー(色)、カラット(重量)、クラリティ(透明感)、カット(プロポーション)の頭文字、4つの『C』のことです。
これらを鑑定するためには、肉眼では分からないレベルの細部に渡って見極める必要があり、正確さを求められる技術なので専門的な知識が必要です。
鑑定士はダイヤモンドを評価することができ、鑑定書の評価を記入することができます。

宝石の鑑定士の就職

宝石の鑑定士の資格を取ることが出来た場合、どんな就職先があるのでしょうか。
すぐに思い浮かぶのは、ジュエリーショップや宝石店でしょう。
主に宝石を取り扱っていますので、特定の宝石だけではなく、宝石全般についての宝石学を学んでいる方が良いでしょう。
ジュエリーショップや宝石店では宝石を販売するだけでなく、卸問屋から宝石を仕入れますので、その際に目利きが必要です。
鑑定士の資格があれば、宝石の目利きを確実にできることを証明することができますので、非常に有利となるでしょう。
また、ジュエリーショップや宝石店に宝石を卸す卸問屋、質屋、買取業者などでも、宝石の鑑定士の資格は有利に働くでしょう。

中には宝石学を学んでも仕事にはせずに、自分の趣味として宝石をより楽しむ方もいるようです。
実際に、ジュエリーショップで売られている宝石の価格には、疑問を抱くことさえできないという方はほとんどです。
石そのものの品質やカットや仕上げの良さなどは、鑑定書でもなければお店のスタッフの方の話しを鵜呑みにするしかありません。
しかし実際には、価格ほどの価値のないものもありますし、中には価格以上の価値のあるものもあります。
宝石が好きでよく購入される方であれば、本当に良いものを手に入れるためにも、ご自身が宝石学を学んで目利きができることがベストでしょう。

«
»