ダイヤモンド買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

クラリティで選ぶ婚約指輪

クラリティとは

婚約指輪として最も人気が高いダイヤモンドは4つの要素で評価され、その4つの要素は『4C』と呼ばれています。
『4C』=カット(プロポーション)カラット(重量)カラー(色)クラリティ(透明度)

クラリティとは『透明度』のことで、内包物や傷の程度を評価したものです。
ダイヤモンドは自然の中で生まれた天然鉱物ですので、内包物や傷がないものの方が珍しいほど、ほとんどのダイヤモンドに含まれています。
内包物はダイヤモンドが形成される過程で異物が混入したもので、内包物によって結晶構造に歪みが生じ割れや裂け目となります。
割れや裂け目がダイヤモンドの表面まで達し、傷となる場合もあります。
クラリティは、内包物や傷がどの程度相対的に“少ないか”を評価した基準で、もちろん透明であるほど価値が高くなります。
自然界においては、欠点が一つもない完璧なダイヤモンドが存在することはほとんどありません。
『4C基準』では10倍ルーペで観ることを前提に、無傷=フローレス~欠陥=Iクラスまで評価します。

クラリティグレードが高いほど光の反射に影響がないため、美しい輝きを放ちます。
逆にクラリティグレードが低いものは、内包物や傷が輝きに影響します。
ほとんどのダイヤモンドの原石には内包物や傷が存在するため、それらを避ける形で研磨やカットを施します。
そうなるとカラット(重量)が犠牲になることも多く、だからこそクオリティーの高いダイヤモンドは非常に貴重なのです。
カラット数が大きいダイヤモンドの希少性が高いのも頷けますね。

クラリティグレード

クラリティグレードは、下記のように分類されて評価されます。

・FL = Flawless
・IF = Internally Flawless
・VVS1 = Very Very Slightly Included 1
・VVS2 = Very Very Slightly Included 2
・VS1 = Very SlightlyIncluded 1
・VS2 = Very Slightly Included 2
・SI1 = Slightly Included 1
・SI2 = Slightly Included 2
・I1、I2、I3 = Included1~3

最も評価が高いのは『FL=Flawless』です。
外部にも内部にも欠点がない、10倍ルーペで観ても内包物が確認されず、傷もない、欠点のない最高グレードのクラリティです。
ジュエリー業界に長くいる人でもほとんど見たことがないというほど珍しいもので、一般市場に流通することはほとんどありません。
それだけ希少価値が高いクラリティグレードです。

逆に『I1、I2、I3=Included1~3』は、最も評価が低いクラリティグレードです。
肉眼で内包物や傷が確認で気、透明度や輝きに影響するため、ダイヤモンド特有の美しい輝きを見ることができません。
鑑定書が付属されることがほとんどない品質となります。
婚約指輪などに使わることはほとんどなく、安価なファッションジュエリーなどに使われています。

クラリティで選ぶ婚約指輪

婚約指輪を選ぶ際、予算に応じた数点の指輪を比較する方が多く見られます。
同じ価格帯であっても、何に優れたダイヤモンドなのか、土台に使用している貴金属は何なのかなど、それぞれ条件が異なります。
ですからダイヤモンドの大きさに違いを感じることもあるでしょうし、輝きや色味に違いを感じることもあるでしょう。
一般的に大きくて重量のあるダイヤモンドを選ぶ方が多く、カラット数が重視される場合が多いようです。
しかしダイヤモンドの美しさは、決して重量で決まるものではありません。
『ダイヤモンドは永遠の輝き』という言葉を聞いたことがある方も多いでしょう。
そうです、ダイヤモンドの輝きは100年経っても1000年経っても、劣化することはないのです。
ダイヤモンドの美しさは、この〝輝き〟だと言っても過言ではないでしょう。
そしてその輝きが最も美しいダイヤモンドを選ぶには、『クラリティグレード』を無視することはできません。
内包物や傷が少ないダイヤモンドは、光の反射が素直なので一層美しく輝きます。
クラリティグレードが低く、内包物も傷も多いダイヤモンドは、確かに安価で求めやすいという利点はありますが、入ってきた光が内包物や傷に邪魔されて素直に輝くことができません。
つまり、美しく輝くことができないダイヤモンドだということです。
左手の薬指にはめられたダイヤモンドがより美しく輝くためにも、婚約指輪は『クラリティグレード』で選びましょう。
ダイヤモンドの新しい選び方です。

«
»