ダイヤモンド買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

ダイヤモンドの鑑定書

ダイヤモンドの鑑定書に記載されていること

ダイヤモンドの品質は、『4C』(Carat・Color・Clarity・Cut)と『蛍光性』という『グレーディングシステム』で決められます。
Carat(カラット)は重量、Color(カラー)は色範囲、Clarity(クラリティ)は透明度、Cut(カット)は形や仕上げ、対称性のことです。

米国宝石学会(G.I.A)が開発したダイヤモンドのグレーディングシステムは世界標準として活用されているものです。

・Shape(シェイプ)=形状
ダイヤモンドの形状はいろいろで、よく知られているものに“ラウンドブリリアントカット”があります。
ダイヤモンドの美しさを最高に引き出すことができる“ラウンドブリリアントカット”は非常に人気が高く、婚約指輪など多くのダイヤモンドジュエリーに使用されています。
“ラウンドブリリアントカット”は相場価格も高く、それ以外のシェイプは相場は低くなります。

・Carat(カラット)=重量
『4C』の中でもよく知られているカラットは、ダイヤモンドの大きさだと思っている方が多いようですが、“カラット”は重量のことです。
1カラット=0.2gで、カラットが大きいほど相場は高くなります。
一般的にはカラット数が大きくなるほどサイズは大きくなりますが、カットの仕方で印象が変わることもあります。
カラット数の割りに見た目が小さく感じてしまうカットの場合、カットグレードが低いと判断されますので、相場より低めの鑑定となります。
相場はカラット数に比例するものではなく、段階的な相場となり、一定カラット数を超えると値段が一気に上がります。

・Color(カラー)=色範囲
ダイヤモンドは無色だと思っている方が多いようですが、実際には黄色みやグレーが僅かに入っています。
最も無色である『D』が最高のカラーで、『D』→『E』→『F』→『G』と色味が強くなっていきます。
カラーは、昼色光の下でGIA認可のマスターストーンを使用して鑑定します。
鑑定は非常に緻密な作業となり、通常、素人には2~3グレードの差に気付くことはありません。
相場は無職のものが高くなりますが、カラーダイヤモンドの場合はブルー・レッド・ピンク・グリーンなど色鮮やかで濃い方が相場は高くなります。

・Clarity(クラリティ)=透明度
ダイヤモンドは自然のものですので、ほぼ全てのダイヤモンドの表面や内部に内包物があります。
鑑定士は、ダイヤモンドを顕微鏡やルーペで10倍に拡大し、内包物の数や位置、性質・色・形からクラリティグレードを決めます。
内包物が多くなると光を反射しにくくなるため、濁ったように見えたり、輝きが失われたりするので、内包物が少なく目立たなものほど相場は高くなります。

・Cut(カット)=形・仕上げ・対称性
カラットやカラー、クラリティは、ダイヤモンドが発掘された時点で決まっているものですが、このカットだけは人間の技術が生む出すものです。
ダイヤモンドの輝きはカットグレードが決めると言っても過言ではないほど、カットは『4C』の中でも最も重要だとされています。
カットグレードが高いほど相場は高くなります。

・Fluorescence(フローレンス)=蛍光性
ダイヤモンドの中には紫外線に反応して光る性質を持つものがあり、蛍光性と呼んでいます。
紫外線を受けて光る色や反応の強弱は、ダイヤモンドによって異なります。
ただし、蛍光性があっても相場にはほとんど影響しません。

しかし蛍光性が強くなると日光に含まれる紫外線にも反応してしまうため、ダイヤモンド本来の輝きが見られず、違う輝きとなってしまいます。
そうなると相場が下がる傾向にあります。
非常に強い蛍光性がある場合は、相場が2~3割下がります。

鑑定書の発行

ダイヤモンドの鑑定書をお持ちの方は、その鑑定書をどこでもらいましたか。
恐らく、ほとんどの方が「ダイヤモンドジュエリーを購入した際に一緒にもらった」と言うでしょう。
ですから、鑑定書はジュエリーショップなどの専門業者でなければ発行依頼ができないと思っている方も多いでしょう。
しかし実は個人の方がダイヤモンドを持ち込んで、鑑定機関で鑑定書の発行を依頼することが可能なのです。

・鑑定書がない場合。
・鑑定書を紛失した場合。
・鑑定書が古いものの場合。

上記のような場合で鑑定書が必要な時には、鑑定機関に問い合わせをしてみると良いでしょう。

«
»