ダイヤモンド買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

ダイヤモンドの輝きと光の屈折

ダイヤモンドの輝き

ダイヤモンドの輝きは、この世で最も美しいと言われています。
永遠の輝きを持つダイヤモンドは、幸せの象徴として古くから愛されてきました。
ほかの宝石では比較にならないほどのその“輝き”は、一体どこから来るものなのでしょうか。

ダイヤモンドが美しく輝くためには、いくつかの条件があります。
つまり、その条件が全て重ならなければ、あの輝きは完成されないということです。
光の反射には、『入ってきた光の角度と、物質に当たった光が反射して放つ光の角度が同じである』という法則があります。
屈折率の高い物質は様々ありますが、ダイヤモンドの屈折率の数値は2.42と非常に高く、屈折率の高い物質の一つだと言えます。
屈折率は、『入ってきた光の角度』と『反射して放つ光の角度』によって表され、高いほど強く光を反射します。

ダイヤモンドの輝きが美しい訳

ダイヤモンドの輝きが美しいことには、いくつかの要因があります。

第一に『シンチレーション』、その“光”が反射して輝く光である。
第二に『ブリリアンシー』、その“光”が内部で反射した光である。
第三に『ディスバージョン』、その“光”がさらに内部に入って虹色に輝く光である。

この3つがバランスよく重なり輝きを放つことで、ダイヤモンドは古くから世界中の人々を魅了してきました。

シンチレーション

ダイヤモンドの原石を見ると、透けて向こう側が見えるでしょう。
さらによく観察してみると、見えている画像がユラリと揺れるのが分かるでしょう。
これが『シンチレーション』です。

ブリリアンシー

『ブリリアンシ』は、ダイヤモンドの表面に光が当たって反射した白い光を指します。

ディスバーション

よく観察すると、表面に当たった光が反射して放つ白い光のほかに、虹色に輝く光があります。
それが『ディスバージョン』です。

ダイヤモンドは永遠の輝き

『ダイヤモンドは永遠の輝き』という言葉を聞いたことがあるでしょう。
この言葉は、ダイヤモンドの販売に関わるデビアス社のキャッチコピーでした。

ダイヤモンドは、世界中で婚約指輪としての人気が高く、『永遠の輝き』に『永遠の愛』を重ねて好まれています。
また、ダイヤモンドが地球上で最も硬い物質だということもよく知られていますが、この硬さから『世界で一番固い絆』という意味もあるようです。

最も硬い物質であるダイヤモンドは、劣化したり変色したり傷つくことがありません。
(ただし、一定方向に強い力が加わると、掛けたり割れることはあります。)
劣化しないダイヤモンドは、まさに『永遠の輝き』を放つことが約束されています。
物質の成分が変化しないわけですから、輝きが変わるということもありません。
『ダイヤモンドは永遠の輝き』は本当なのです。

ただし、ダイヤモンドは親油性のある物質ですので、水を弾いて油分を吸着します。
ですから、ちょっと触れただけでも皮脂が付いてしまいます。
付着した油分にホコリが付き、ダイヤモンドがくすんでしまっては輝くことはできません。
永遠の輝きがいつでも見られるよう、拭き取りや洗浄などのお手入れを小まめに行いましょう。

ダイヤモンドのカット

さらに、ダイヤモンドが光り輝くためには、そのカットも非常に重要です。
世界で最もダイヤモンドを美しく見せるカットは、アイデアルカットだと言われています。
一般的に婚約指輪などで人気の高いカットはブリリアントカットで、ラウンドブリリアントカットやオーパルブリリアントカット、マーキーズブリリアントカットなどがあります。
『アイデアルカット』は『ラウンドブリリアントカット』の別名で、現在ではダイヤモンドとしては非常にスタンダードなカットとなっています。

«
»