ダイヤモンド買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

メレダイヤモンドとは?

メレダイヤモンドは引き立て役

レメダイヤモンドをご存知でしょうか。
婚約指輪で最も人気がある宝石はダイヤモンドです。
その婚約指輪の主役のダイヤモンドを引き立てるように、周りに散りばめられた小さなダイヤモンドがありますね。
それが〝メレダイヤモンド〟です。

メレダイヤモンドとは?

メレダイヤモンドの“メレ”はフランス語で“melee”という綴りです。
“小粒の石”という意味で、つまり“メレダイヤモンド”は『小粒のダイヤモンド』という意味です。

小粒と言っても、どの程度小粒のダイヤモンドなのでしょう。
メレダイヤモンドは一般的に0.1ct以下のダイヤモンドを指し、主役の中石を引き立てる脇石として使われたり、或いは結婚指輪にも使われています。
結婚指輪などを飾るメレダイヤモンドは指輪本体の輪の部分に敷き詰められますが、このデザインを『パヴェデザイン』と言います。
“パヴェ”とはフランス語で“石畳”という意味で、その名の通りメレダイヤモンドを石畳のように敷き詰めたデザインです。

主役の中石を引き立てる脇石としてメレが使われたデザインを『メレデザイン』と言い、ダイヤモンドに関わらず大粒の宝石の周りに散りばめるようにメレを飾ったものとなります。
主役の中石が小ぶりのものであっても指輪全体のボリュームが出て、華やかでゴージャスな印象となります。

またレメデザインの中には、中石を使わずにメレダイヤモンドだけを使ったデザインのものもあります。
いくつものレメダイヤモンドを使ってボリュームを出したデザインや、レメダイヤモンドを1粒だけ使ったデザインなどがあり、ストレートのリングやS字のリングなどバリエーションも非常に豊富です。
レメダイヤモンドを埋め込む数や場所など、オリジナリティのある指輪を作ることができます。

また、時計の文字盤にダイヤモンドが散りばめられたものがありますが、あれもレメダイヤモンドです。
小粒のダイヤモンドながら、非常にゴージャスな仕上がりですね。

レメダイヤモンドの価値

レメダイヤモンドを使った指輪は、様々な表情を持っています。
レメダイヤモンドの指輪はシンプルにもゴージャスにも仕上げることができ、脇役としても主役としても活かすことができます。
非常に小さなダイヤモンドですので、「本物のダイヤモンドなの?」と思われる方が多いようです。
鑑定書がある指輪であれば、レメダイヤモンドにも『4C』の評価があるでしょう。
もちろんきちんとデザインカットされたダイヤモンドです。
ですから輝きは大きなものにも負けないものを持っています。
光が当たると美しく反射し、レメダイヤモンドがキラキラ輝きます。

レメダイヤモンドが作られる過程

ダイヤモンドは、自然界から採掘された天然の石です。
原石が採掘されると、宝石としてのダイヤモンドにするために原石の1/4が切り取られます。
残りの3/4のダイヤモンドはさらに形作られて研磨され、美しいカットのダイヤモンドとして生まれ変わります。
その、最初に切り取られた1/4の原石からは、もう単体の一粒ダイヤモンドを取ることはできませんが、ダイヤモンドとしての価値は十分にあります。
レメダイヤモンドは切り取られた1/4のダイヤモンドから形作って研磨して、作られたものです。

よくレメダイヤモンドを“屑ダイヤ”という言い方をする方がいますが、レメダイヤモンドと屑ダイヤは違うものです。
屑ダイヤとは評価することのできない価値のないダイヤモンドのことで、グレードも輝きもレメダイヤモンドとは全く違います。
レメダイヤモンドはきちんと評価することのできる価値のあるダイヤモンドで、大きさが小粒だというだけなのです。

«
»