ダイヤモンド買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

ダイヤモンドは木炭と同じ炭素でできている?

炭素がダイヤモンドに

婚約指輪で最も人気があるダイヤモンドは、女性にとっては永遠の憧れでしょう。
指輪に限らず、ネックレスやピアス、イヤリングなど、様々なジュエリーとして販売されています。

永遠の輝きを放つダイヤモンドが、炭素からできていることはご存知でしょうか。
炭素と言えば、あの真っ黒い木炭です。
ダイヤモンドと木炭が、とても同じ成分からできているとは思えないでしょう。

1796年、イギリスの化学者スミソン・テナントが、ダイヤモンドが炭素からできているという事実を発見しました。
スミソンは、ダイヤモンドの燃やすことで、黒鉛やすすと同じ炭素の成分だということを発見しました。
ダイヤモンドを燃焼させるためには非常に高い温度と酸素が必要ですが、燃焼させると木炭と同様に二酸化炭素を排出します。

黒鉛は鉛筆の芯ですが、ダイヤモンドも黒鉛も成分は同じ炭素です。
二つは全く異なる外見を持っておりますが、その違いは形成される際にかけられる圧力と温度の違いです。
形成される過程の違いによって、炭素粒子の結合力の強さにも大きな違いがあります。

炭素がダイヤモンドになるために必要な条件

炭素がダイヤモンドになるためには、高い圧力と温度が必要です。
そして天然のダイヤモンドが形成されるには、数100万年~数1000万年単位の長い期間を要します。
ダイヤモンドの形成は、地球の100km程度の地下で行われますが、深層部は温度900~1,300度程度あり、圧力は45~60kbar程度だと推測されます。
ダイヤモンドは炭素粒子が非常に強く結合するには、地球深層部のこの環境が必要だということですね。
このときの粒子の強い結合が、ダイヤモンドの透明度の要素だと言えます。

ダイヤモンドが地上に現れるまで

地球の100km程度の深層部で形成されるダイヤモンドは、どのように地上に現れるのでしょうか。
実はダイヤモンドは、火山の噴火や上昇してくるマグマで、一気に地上へ運ばれてきます。
もしも時間を掛けてゆっくり上昇してきた場合、ダイヤモンドは確実に熱で燃え、地上に姿を現すことはないでしょう。
ですから、ダイヤモンドが地上へ現れるためには、マグマが速いスピードで一気に通り抜け無ければいけないということです。
また、古い地質がある地域で採掘されることが多いダイヤモンドは、南アフリカ、ロシア、オーストラリアなどで採掘されることが多いようです。

ダイヤモンドの原石を採掘するまでには、様々な条件が重なり、長い期間が必要だということですね。

一般的な宝石の構成

宝石と言えば、エメラルド、ルビー、サファイアなど、非常に多くの種類があります。
これらの宝石とダイヤモンドには、構造や成分に大きな違いがあります。
その成分や構造の違いが、透明度や硬度の違いとなるのです。

一般的な宝石は、2種類以上の元素で構成されています。
例えば、ルビーやサファイヤはアルミニウムと酸素で構成され、鉱物学的には酸化鉱物の一種であるコランダムが、不純物が混じることで赤や青に変化したのがルビーやサファイヤなのです。
一方、ダイヤモンドは単一元素で構成された宝石で、これは宝石の中でも唯一です。
ダイヤモンドの構成は、99.95%以上が純粋な炭素だと考えられています。
残りの0.05%は、僅かな不純物などが含まれます。
自然界で長い期間を掛けて形成される間には、不純物が含まれるのも当然ですね。
ですから、不純物を含まないダイヤモンドはほとんど存在しません。
不純物はダイヤモンドの色や形状に影響し、個体差として2つと同じものがないのです。

ダイヤモンドは木炭と同じ炭素からできていますが、形成される過程に大きな違いがあります。
2つを並べて見てもとても同じ成分でできているとは思えませんが、これだけの経緯を辿って地上に現れた鉱物だからこそ美しい輝きを放つダイヤモンドなのでしょう。

«
»