ダイヤモンド買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

最高級の宝石=ダイヤモンド

最高級の宝石

ダイヤモンドは最高級の宝石だと言われています。
地球上で最も硬い宝石で、長年使っていても変色や傷が付くようなことが一切ありません。
ですから、劣化しないダイヤモンドには『中古』という概念は当てはまりません。
永遠の美しさと永遠の輝きが約束されているダイヤモンドは、婚約指輪や結婚指輪に最適です。
また、最も硬い宝石であることから、『固い絆を結ぶ』という意味も持っています。
婚約指輪や結婚指輪として人気があるのも頷けますね。

ダイヤモンドの意味

ダイヤモンドが4月の誕生石であることは知られていますね。
五大宝石の一つで、美しさ・輝き・希少性など、ほかに類を見ない素晴らしい宝石だと言えるでしょう。
あまり知らてていませんが、和名は『金剛石(こんごうせき)』と言います。

宝石言葉は。

・純潔
・清浄無垢
・純愛
・永遠の絆

などがあり、実はダイヤモンドを贈るということには深い意味があるのです。
宝石言葉にある『永遠の絆』の象徴として、『ダイヤモンドを贈ること=永遠の絆を贈る』という意味があります。
永遠に輝き続ける美しいダイヤモンドは、『輝く美』『金運』『愛に満ちた家庭』を約束するものとして信じられています。
婚約指輪や結婚指輪にダイヤモンドの人気が高い理由の一つとなっているのでしょう。
結婚をして生涯幸せな日々が続く願いを込めて、ダイヤモンドを贈る風習が生まれたのです。

ダイヤモンド婚式

結婚15目年の水晶式、25年目の銀婚式、30年目の真珠根式、50年目の金婚式、そして結婚60年目はダイヤモンド婚式です。
ダイヤモンド婚式は親族の繁栄と長寿を、親族一同でお祝いする習わしです。
結婚60年目を夫婦そろって迎えられるということは、非常に幸せなことです。
そのお祝いの名前に、永遠の輝きを放つ“ダイヤモンド”の名前が付けられているのです。

宝石として非常に価値が高く、永遠に劣化することのないダイヤモンドは、夫婦愛や家族愛の象徴として考えられているのです。

宝石の王様ダイヤモンド

宝石の種類は数知れず、その中でもダイヤモンドは高い人気を誇り、美しさ・輝き・硬度・希少性の全てを兼ね備えています。
何者にも媚びず、何者にも征服されず、ただそこにあるだけで存在感のあるダイヤモンドは、まさに『宝石の王様』です。

ダイヤモンドを手にして笑顔にならない人はいないでしょう。
幸せを運ぶ宝石でもあるダイヤモンドは、女性にとって永遠の憧れの存在です。
ですからプレゼントとして最も喜ばれるものとして、常に上位にランキングしています。
しかしだからこそセンスを問われるのがダイヤモンドです。
「ダイヤモンドなら何でもいいんだろう」という気持ちでは、せっかくの宝石の王様も台無しです。
もちろんグレードは幅広く価格はピンからキリまでありますが、その時の精一杯が込められていれば必ず愛情は伝わるでしょう。

代々受け継ぐことができる宝石、ダイヤモンド

ダイヤモンドは劣化しません。
変色することも、うっかりぶつけて欠けてしまうこともありません。
ですから、きちんと磨けば100年でも200年でも劣化せずに輝き続けることができます。

親子代々受け継がれるものはたくさんありますが、劣化せずに何代でも受け継ぐことができるものがあるでしょうか。
着物、バッグ、毛皮、ブランド物、いずれも新品のうちは値打ちが高いものでも、経年と共に劣化が進み、最終的には値打ちがなくなり身に付けることもできなくなります。
しかしダイヤモンドは違います。
ダイヤモンドジュエリーの土台や付属されている宝石は劣化することがあっても、ダイヤモンドそのものが劣化することはありません。
土台の劣化や、デザインが古くなったら、何度でもリメイクすることができますし、宝石としてのダイヤモンドは永遠に楽しませてくれるのです。
高価なものを一つ残したいと考えているのであれば、ダイヤモンドがお勧めです。

«
»