ダイヤモンド買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

ダイヤモンドのカット

ダイヤモンドのカットの種類

ダイヤモンドには様々なカットの種類があり、カットの仕方によって価格も異なります。

・ラウンドブリリアントカット
ダイヤモンドと言えば“ラウンドブリリアントカット”ですね。
オーソドックスなダイヤモンドのカットです。
丸く、効率よく光を反射させることかできりため、非常に美しい輝きを放ちます。
58面の平面カットが放射線状に施され、どの面も正八角形です。

・オーバルカット
小判のような形で、これもブリリアントカットの一種です。
多面的にカットで、ダイヤモンドを美しく輝かせます。

・ペアシェイプ
洋ナシに似ている形から“ペア(洋ナシ)”と名付けられました。
これもブリリアントカットの一種で涙のしずくにも似ているため“ティアドロップ”とも呼ばれ、ペンダントヘッドに多い形です。

・ハートシェイプ
ペアシェイプの上部に切れ込みを入れた形で非常に可愛らしく、これもブリリアントカットの一種です。

・マーキース
縦長の楕円形でラグビーボールような形です。
カラット数より大きく見えるため、指を細く長く見せる効果も期待できます。
クラシカルな印象なので、年代を問わずに付けることはできます。

・エメラルドカット
四角形で、四隅のコーナーにカットが施され、八角形の形となっています。
面が大きく宝石の色が非常に引き立ち、落ち着いた輝きのカットです。

カットの意味

ダイヤモンドの原石は、最初は傷があったり穴が開いていたりします。
ですから、宝石としての価値はまだありませんね。
宝石は光の反射で輝くことができるもので、カットがなければ上手く輝くことはできません。
ただの『石』を『『宝石』にするためには、どうしてもカットが必要なのです。
ただし、カットをすることで宝石は元の石の半分程度の大きさになってしまいます。

カットのグレード

カットの種類や技術によって、ダイヤモンドのグレードは異なります。
カット次第で輝きが代わり、価値が決まってくるのです。
透明度の『クラリティ』というグレードは、内包物が肉眼で見えない“VS”クラス以上のものです。
透明度の高いダイヤモンドほど、光が内部で全反射する理想的なカットを施して、美しい輝きを放つように仕上げなければいけません。
カットのグレードの中では最上級の『エクセレント』は、是非、婚約指輪としてお選びいただきたいカットです。

婚約指輪のカット

ダイヤモンドのカットは様々ですし、好みもあるでしょう。
本来、宝石になる前の石のカットは、なるべく無駄がないようにカットされます。
最も婚約指輪として求められているダイヤモンドは『ラウンド・ブリリアントカット』多くなっています。
非常にカットが細かく贅沢なカットで、ダイヤモンドを最も美しく見せるカットだと言われています。
婚約指輪を購入する際、ダイヤモンドのカットに悩んでいるという方は、ラウンドブリリアントカットを選ぶと間違いないでしょう。

ダイヤモンドのお手入れ

ダイヤモンドは親油性が高い宝石ですので触れただけでも脂分が付着しますし、その脂に埃が付いて固まり、見るも無残な状態になってしまいます。
ダイヤモンドは永遠の輝きを持っているのに、せっかくの輝きも見ることができなくなってしまうでしょう。
汚れたダイヤモンドは、どんなにグレードの高いものでも全く魅力はなくなってしまいます。
汚れが付着したら、自宅でクリーニングしてください。

●準備するもの
・柔らかい歯ブラシ
・中性洗剤
・タオル
・トレイ

①中性洗剤をぬるま湯で薄めた洗剤液の中に指輪を入れます。

②歯ブラシに中性洗剤を付けて、ダイヤモンドの裏表を優しく洗います。(強く擦ると金やプラチナに傷がつく場合がありますので気を付けてください)

③洗剤液を捨て、ぬるま湯を入れて、ぬるま湯の中で指輪を強めに揺らします。

④ぬるま湯を変えて、もう一度洗い流します。

⑤キッチンペーパーでしっかし水分を拭き取ります。

⑥最後にしっかりドライヤーで乾かして下さい。

洗っている途中で、何度かダイヤモンドを確認してください。
稀にダイヤモンドが外れてしまうことがありますので、注意が必要です。

«
»