ダイヤモンド買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

ダイヤモンドの資産価値

人気の高いダイヤモンド

ダイヤモンドは非常に人気の高い宝石で、婚約指輪としても購入される方が多いようです。
日本で“金剛石”と呼ばれるダイヤモンドは、地球上で一番硬い鉱石で、劣化することのない永遠の輝きを放っているため、永遠の愛を固く誓う婚約指輪として人気があるのです。
ジュエリーとしても評価が高く、高価ではありますが人気が高くなっています。

貴金属の資産運用

世界的な不況、災害などにより、資産の保持の仕方にも様々な選択肢を考える方が増えています。
特に、貴金属で資産を保持する方が増え、金やプラチナが人気を集めています。
希少性が高い貴金属である金やプラチナは、1gあたり4,000~4,500円で取引され、価値の変動はありますが世界共通の価値があり、貨幣と違って国家情勢と関係なくある程度の価値が保証されています。
価値の変動が小さい金は、プラチナよりも資産としては重宝です。
また、毎月一定額を積み立てて、予算に応じた金やプラチナを購入することもできます。
分けて購入することができますので、価格変動リスクを回避することもできます。

ダイヤモンドの資産運用のメリット

では、資産としてのダイヤモンドはどうでしょう。
実は近年、ダイヤモンドも資産として関心を集めています。
ただし、ジュエリーダイヤモンドに関しては、資産価値の期待はできません。
ですから婚約指輪などにあしらわれたダイヤモンドは、資産としては有効だとは言えません。

資産として価値があるのは、ダイヤモンドそのものです。
ダイヤモンドを資産として保有するメリットは、保管性や携行性の高さです。
金やプラチナは換金性が高いという利点はありますが、重さで金額が変わり、高額になれば重くスペースを広く取る必要があり、保管場所や持ち運びの不便を感じる場合があります。
しかし小さなダイヤモンドの場合、金額が大きくなっても広く場所を取ることはなく、保管場所や持ち歩きにも不便はないでしょう。
また、ダイヤモンドは価格の変動がほとんどなく、金やプラチナのように短期間で価格が変動することはありません。
宝石の価値は世界情勢や時代に影響されて変化することがあまりないため、価格の安定性に関しては金やプラチナよりも高いでしょう。
さらに、劣化しないダイヤモンドは傷も付きにくく、変色・腐食もないので価値が下がることがないという利点があります。

ダイヤモンドの資産運用のデメリット

上記のようにダイヤモンドの資産運用にはメリットも多くありますが、反面デメリットもあります。

①資産運用できるダイヤモンドには制限がある。
②カラット数が大きく、1カラット以上のもので、鑑定書での評価が高いものでなければいけない。

ダイヤモンドの魅力

上記でも述べましたように、ジュエリーとしてのダイヤモンドには資産としての価値を求めることはできません。
しかしそれは、『ジュエリーダイヤモンド=価値がない』ということではありません。
ダイヤモンドはそこにあるだけで美しく、永遠の輝きを放つ素晴らしい宝石です。
それがジュエリーという形になり、永遠の愛を固く結ぶ婚約指輪になったり、指先や胸元を美しく演出するのは非常に素敵です。
資産価値としてではなく、ダイヤモンドそのものの魅力に惹かれる方も多いでしょう。
また、婚約指輪にダイヤモンドを選んだ場合、そこに求めるのは資産価値ではなく、深い愛情です。
相手を思って選んだ指輪であり、生涯長く愛せる一点であることが重要です。

もしもダイヤモンドに資産価値を求めるのであれば、ダイヤモンドそのものを石で購入することをお勧めします。
その際には鑑定書の評価が高い、1カラット以上のダイヤモンドを求めましょう。

«
»