ダイヤモンド買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

ダイヤモンドの評価は4Cで決まる

4Cとは

ダイヤモンドの評価は『4C』で決まります。
では、『4C』とは何でしょう。

①カラー(Color)=色
②クラリティ(Clarity)=透明度
③カット(Cut)=プロポーション
④カラット(Carat)=重量

この4つの頭文字を取って『4C』とし、世界基準となっています。

『4C]』とグレードを知ることで、より良いダイヤモンド選びに活かしましょう。

カラー(Color)=色

ダイヤモンドは無色透明だと思われている方が多いようですが、実は無色透明なものは非常に希少性が高いもので、ほんとんどのダイヤモンドには微かに色が付いています。
評価は無色透明なものほど高く、黄色みが濃くなるほど低くなります。
ただし、一定の黄色みの濃さを超えると“ファンシーカラー”として評価されるため、別の基準で鑑定されます。
ファンシーカラーの種類は、黄色のほかに、赤、ピンク、青、緑があります。

カラー(色)

D、E、F:無色透明
G、H、I、J:無色
K、L、M・:微かな黄色
N~Z:薄い黄色~黄色

クラリティ(Clarity)=透明度

クラリティは透明度を表す基準で、傷や欠け、内包物の大きさや場所や性質などの評価です。
ダイヤモンドは透明な宝石ですので、内包物があると透明度は落ちてしまいます。
透明度が低いダイヤモンドはそれだけ輝きを損なうため、評価も低くなってしまうのです。

クラリティ(透明度)

FL:10倍ルーペで観て無傷である。
IF:10倍ルーペで観て表面に微かな欠点がある。
VVS1、VVS2:10倍ルーペで観て発見困難な欠点がある。
VS1、VS2:10倍ルーペで観て発見が多少困難な欠点がある。
SI1、SI2:10倍ルーペで観て容易に発見できるが、肉眼では困難である。
I1、I2、I3:肉眼で容易に発見できる。

カット(Cut)=プロポーション

ダイヤモンドのカットは重要です。
もちろん、ただ格好良くカットされていれば評価されるというわけではありません。
ダイヤモンドのカットは、輝きをより発揮させることが目的と言っても過言ではなく、カットのプロポーションや角度が良くなければ輝きを発揮することはできないのです。
カラー、クラリティ、カラットの3つは元々ダイヤモンドが生まれ持ったものですが、カットだけは人間の手が加えられる要素となります。
ダイヤモンドが持つ良さを引き出し、より美しく輝くことができるかは、このカットに掛かっているのです。
カットは職人技ですので、言わば職人次第だと言えるところです。

カット(プロポーション)

Excellent:最上級品、光学的に理想的である。
VeryGood:理想的である。
Good:良好である。
Fair:やや劣る。
Poor:劣る。

トリプルエクセレントとは、カット・対象性・研磨のそれぞれがEXCELLENTの評価を受けた最高級のダイヤモンドです。
ハートアンドキューピッドは、特にプロポーションとシンメトリーに優れたダイヤモンドにのみ現れる光の陰影にでできる模様です。
専用スコープで上から覗くとキューピッドの矢が、下から覗くとハートの模様が現れます。
ロマンティックな現象ですが、それだけではなく、この模様が現れるダイヤモンドは光を理想的に屈折させて強い輝きを放ちます。

カラット(Carat)=重量

〝カラット〟が、ダイヤモンドを表す単位だということはよく知られています。
『大きさ』の単位だと思っている方が多いようですが、“カラット”は重量を表す単位なのです。
1カラットは0.2gで、重くなるほど希少価値は高くなります。
表示は『〇ct』で、1ct=0.2g、1gは5ctです。
ダイヤモンドを計るデジタルスケールで1,000分の1カラットまで正確に測定して、少数第3位を8捨9入するか、少数第3位まで表示します。
ただし、ほとんどの原石は1ct未満ですので、大粒の原石は非常に稀少価値が高くなります。
原石をさらにカットし小さくなりますので、大きいほどその価値が高いということです。

«
»