ダイヤモンド買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

ダイヤモンド買取の査定評価の基準は?

ダイヤモンド買取の査定評価には国際的な基準があり、日本で買取を行っている店舗の大部分がそれに従っています。
世界的に需要が高く、富裕層から個人まで誰もが欲しがるものゆえ、業界として査定士が参考にするべき項目が定められているのです。
資格を持っている査定士が正当に評価した場合、どの店舗でもおおよそ同じ買取価格になります。
宝石の価格が売買する度に上下するのは、誰にとっても好ましくないので、客観的な基準を設けているのが現状です。

宝石の中でも天然のダイヤモンドは貴重なもので、原則的に掘り出した原石を削っていく加工方法だから、重量は重いほど高評価です。
カラットと呼ばれている独自の基準を使っていて、カラットが大きくなるほど高額の買取になっていきます。
大きな原石はなかなか見つけられないので、仮に小さなサイズをいくつか用意しても、それらを合計した重量とほぼ同じ1つの方が高く売れることを覚えておきましょう。

宝石は光を受けた時の輝きによって人々を魅了するものだから、色は無色に近いほど査定アップにつながります。
天然だから多少のカラーはどのダイヤモンドにもついており、プロの査定士が専用の器具を使用して、国際的に用いられているチャート等を参考にしながらグレードを決定します。
カラーについては、プロでも理想的な環境でチェックする必要がある項目で、特にほぼ無色のグレードにおける違いは肉眼では分からないほどの小さな差です。

鉱物は固体になるまでの間に色々な物を取り込んでおり、宝石についても例外ではありません。
ダイヤモンド買取の査定としては、当然ながら不純物が少ないほど高評価であり、透明度を示すクラリティの項目で詳しく基準が決められています。
クラリティは、中に入っている物体の大きさ、位置、色によって査定結果が変わるのが一般的です。
高いグレードになると、査定士によるチェックを受けることでようやく違いが分かります。

加工するカット作業は、宝石の形状を決めるだけではなく、輝きを最大化させる効果もあります。
一般的に販売されている状態では、その原石の魅力を全て引き出すようにカットされています。
機械のみでは到達できない領域の作業だから、熟練の職人が行っているのです。
完成品としての仕上げも含まれているので、研磨作業も同時に実施しています。
形状と目視評価の両方でグレードを決めるものの、カットの種類によっても変わるので気をつけましょう。

4つの評価基準である、重量、色、内包物、カットによって査定されますが、カラーダイヤモンドはそもそも色がついていることがセールスポイントで、むしろ色が濃いことや、市場価値が高いことが重視されます。
人工的に着色した場合は希少価値という点で事情が変わってきて、天然とは全く違う扱いになる可能性があるので、店頭に持ち込んで査定を依頼する時には、事前に自分のものが天然であるのかどうかを確認しておくべきです。

ダイヤモンドの購入時に店舗からもらえる鑑定書を見れば、どれぐらいの値段で売れるのかを知る手がかりになります。
必要な項目をオンラインで入力することで、簡易的に結果を知ることもできるため、まず鑑定書の内容をじっくり読んでみましょう。
正式な鑑定書は、業界で信用がある鑑定機関が発行したもので、持込みの際に併せて提出すると、より早く結果を知ることが可能です。
発行された年度と鑑定機関によっては、店舗の査定士が国際的な基準で改めてチェックする場合もあります。
宝石に関する専門知識と技術があると証明されている有資格者の査定士がいる店舗を選ぶと、国際的な基準に従って正しく鑑定してくれるから、高く売れる可能性が高まります。

»