ダイヤモンド買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

小さいダイヤモンドでも買取してもらえる?

不要となった貴金属を処分する方法として、現在では買取りを利用する人も増えています。
指輪、ネックレス、ブレスレット等金属類は勿論の事、そこについて居る宝石も勿論買取り対象となるだけでなく、古いデザインのものでも買い取ってもらえる様になっています。
では、小さいダイヤモンドは買取り対象となるのでしょうか、それとも小さすぎるので買取りは不可能なのでしょうか。

小さいダイヤモンドの事をメレダイヤと言います。
例えばハーフエタニティのリング等にも多く用いるもので、大きな石を引き立てる役割などをになっています。
利用する事によってキラキラとより一層華やかな印象を与えることが出来るので、現在では多くの貴金属に活用されています。
ただ非常に小さいので、大きな石に比べると宝石としての価値が低いのではないかと思われてしまうことも少なくありません。
またお店によっては大き目の石であれば買取対象となりますが、残念ながらメレダイヤは対象外となってしまう場合も有ります。

しかしあくまでも対象外となる場合もあると言うだけ、全く買い取ってもらえなと言う事でも有りません。
小さくても宝石は宝石なので、十分その価値があるからです。
ただ、実際に買取業者の所で査定をしてもらう場合、その査定額を大きく左右するポイントがあります。
その一つが鑑定書です。
実際に宝石を購入すると本物の場合は鑑定書が付いてきますが、それがあるかどうかで査定額にはかなりの差が出る場合もあり、さらに買取りの可否が変わることすらあります。
鑑定書は第三者がその宝石を本物だと認めた時に発行する物なので、そのアクセサリー等の価値を証明することが出来るものだからです。
したがって、予め鑑定書を用意してからお店の方に行って査定を受けると、何も持っていない時に比べて査定額がアップすると言う事は決して珍しくありません。
業者としても本物と証明された物の方が安心して買い取りやすいからです。

ただ鑑定書が無いからと言って、全く価格を付けてもらえないかと言ったらそれもまた違います。
現在、買取サービスを利用する場合は複数の業者に査定してもらい、その結果を比較検討して最も良いと思った所に買い取ってもらうのが良いとされています。
もちろんブランドジュエリーの方がより相場価格が高く設定されている場合も多く、さらにプラチナであればより高く評価される傾向となっています。

ブランドジュエリーの方がノーブランドの物に比べると高く評価されるのは、ブランドと言う付加価値によってその商品を欲しいと思う人が見つかる可能性が高いからです。
業者は買い取った商品をそのまま自分の所に置いておくのではなく、それを別の人に売却して利益を得ます。
つまり、売れそうな物であれば買い取るし、売れなさそうな物であればどれだけ美品だったとしても買取りは難しいと言う事です。

またもう1つ知っておきたいの葉、基本的にメレダイヤには鑑定書が付かないと言う事です。
小さくてもとても美しい輝きを誇っていますが、一つ一つに証明を付けると言うのは鑑定料だけでも高額になってしまうからです。
ただ、小さいからと言って偽物と言う訳ではありません。
業者の中にはそうしたメレダイヤに対しても正しく評価し、買取対象とみなしてくれる所も有ります。

しかし業者によってもメレダイヤの扱いは違っており、どこでも同じ様に買い取ってくれるわけではありません。
その業者自体がどの様な販売ルートを持っているかという事でも変わってくるからです。
したがって、1つのお店で買い取ってもらえなかったとしても、別のお店ではもしかしたら買い取ってもらえる可能性も十分あるので、まずは複数の業者に査定を依頼してみましょう。
またメレダイヤの場合は鑑別書がついて居る場合も多々あるので、査定を受ける際は必ず用意しておきましょう。

«
»