ダイヤモンド買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

ダイヤモンドのピアスは片方だけでも買取してもらえる?

もしアクセサリーボックスにピアスやイヤリング、ネックレスなどが眠っているなら、貴金属を買取している専門店などで現金化すると便利です。
昔購入したけれどデザインが古くなってしまい、使用する頻度が低いなら、早めに買取を依頼した方が新しいアクセサリーを購入するための資金に変えることができます。
ピアスなどの査定基準は地金の価値やブランド、デザインなどが中心になります。
地金の相場価格などをベースに査定すると、使用済みのピアスも問題なく買取することが可能です。
イヤリングの場合、ピアスよりもボリュームが大きいので、多少時代遅れでも買い取ってもらえます。
一度も使っていない新品のジュエリーなどは、リユース用に買取することが可能です。
基本的に、中古品と同じく地金の相場における査定基準になりますが、付加価値としてブランドやデザインなどにも評価が付くこともあり、誰かにもらったピアスなど、もし好きなデザインではないなら、装着しないで買取用として保管しておくと良いでしょう。
ピアスなどの買取査定のポイントを考慮しておくと、要らない物が出た時にスムーズに買取を依頼できるでしょう。
金やプラチナ、ダイヤなどの場合、高値が期待できるので、いくつかのポイントを踏まえて業者に依頼することをおすすめします。
ピアスなどの地金で査定を行う店の場合、片方でも買取してくれます。
キャッチがなかったり、18金のキャッチが20個もあるなどのケースの場合は査定してくれるので、形が整っていないようなものでも専門家に依頼してみましょう。
地金の相場価格を元に査定する業者は、汚れが付いているようなピアスでも買取してくれます。
しかしオークションなどの場合、リユースが目的で購入するので使用済みのピアスは不衛生と捉えられる傾向があります。
使用したピアスやイヤリングなどのアクセサリーの売却には、汚れを問わない専門家による買取業者が適しています。
非常に小さいピアスは測定が難しいという理由から買取されないケースもあり、買い取りする価値がないと判断される場合もあるので箱や鑑定書を持参すると良いでしょう。
一般的にアクセサリーにはK18などの刻印をしていて、トラブルを回避するのに普段から刻印付きピアスを買うと高値にも繋がります。
ピアスは外した後、そのままにしている人もいますが、耳のピアス穴に入れるので汚れやすくなっています。
きれいにしないでそのままにしておくと、衛生的に良くなく、見た目も良くないので高値で買取できなくなります。
こまめに一つずつお手入れすることが大事です。
ピアスは肌に直接触れるので汗などで汚れやすく、少し濡らして絞ったティッシュを使って汚れを拭き取ると良いでしょう。
ポスト全体はもちろん、キャッチの平らな場所や宝石の裏側などの部分も丁寧に拭きます。
アルコールの綿で拭く場合、宝石などにアルコールが付着しないよう気を付け、小さくものは失くしやすいので丁寧に扱います。
ホコリをかぶらないよう、その都度ケースに保管し、買った時に入っていた箱はかさばるので、小さなケースで区分すると便利です。
ダイヤなどが付いた高級なアイテムの場合、きちんと封ができる袋に入れ、空気を抜いて保管しましょう。
汚れがひどい時はぬるま湯に中性洗剤を入れ、フィルムケースなどに入れて洗うときれいになります。
きれいにすすぎ、水分をしっかり拭き取ります。
素材によっては洗剤を使えないものもあるので確認しましょう。
高値で買取してもらうコツはなるべく早い段階で売却することです。
きれいに保存しておき、イヤリングやピアスなどの片方になったものでも、専門家に依頼すると買取してくれます。

«
»