ダイヤモンド買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

ダイヤモンドを高値で買取ってもらえる条件は?

宝石の王様でもあるダイヤモンドは婚約・結婚指輪を代表としたジュエリーに良く用いられています。
高価な宝石なのは周知の事実ですので、買取に出す際にも良い値で売れるのではないかと期待する人は多いはずです。

ただ、ダイヤモンドと言っても価値はピンキリです。
高く売れる条件にマッチしないと期待するほど良い値が付かない可能性もあります。
実はわたしもダイヤモンド付きのリングを何度か買取に出したことがありますが、思ったよりも高く売れない物もあって衝撃的でした。
しかしながらケースによって色々ですから、もしかしたら売ろうと思っているジュエリーについては良い値が付くかもしれません。

高く売れやすくなるための条件もあるのですが、まずどのようにカットされているかが影響してきます。
カット方法にはいくつか種類がありますが、中でも人気が高いのがラウンドブリリアントです。
カット部分を増やすことで光が様々な角度から入るようになり素晴らしい輝きを放ちます。
最も美しく見せるためのカットでもあるため非常に人気が高く、ダイヤモンドと言えばラウンドブリリアントとイメージする人も多いです。
したがって買取の時にも評価されやすいと言えるでしょう。

カラーも重要な査定ポイントです。
美しさを左右する大事なポイントで、基本的には透明度が高い物ほど価値が優れています。

しかし無色ではないカラーダイヤモンドでも高い価値が付くことがあります。
特にレッドカラーは人気があり価値も高いです。
希少な存在ですから手に入りにくく、時には無色の物よりも高価格になることもあるのです。
その他にもグリーンやパープル、ブルーなども価値があり、無色透明な物だけが高く売れるというわけでもありません。

鑑定書が付属するかどうかも買取価格を左右するポイントのひとつです。これはグレーディングレポートとも呼ばれ、ラウンドブリリアントの場合だけ発行されます。カラット、カラー、クラリティ、カットの4Cのほか、シェイプや蛍光性を意味するフローレンスについての情報が記載されています。

鑑定書は価値を判断するための参考材料になりますのであった方が有利になる可能性が高いでしょう。
ただ、無くても売ることは可能です。
ある程度は減額になってしまう可能性もあるものの、売れないわけではありませんから諦める必要はないです。

実際にわたしの場合も鑑定書の無い状態でも問題なく売ることができました。不備の状態ですと買取価格も下がってしまうと言われたものの、とりあえず売ることができて良かったです。付属書類があるに越したことはないですから、これから査定に出す際には欠かさず用意しておいた方が良いでしょう。

高く売るにはこうした条件が関わってくるのですが、ただ条件だけが価格を決めるポイントになるわけではありません。
お得な売り方をするには業者選びも重要です。
価格の付け方は業者で違っていますので比較をしてから売るのが鉄則です。

また、単に価格の付け方が異なるだけでなく、真贋を見極める目も違っています。
鑑定力が低いところですと本物か偽物かをちゃんと見極めることができない可能性もあります。
もし誤った判断をされてしまうようでは大変ですから、信頼のできるところを利用して売るようにしましょう。

基本的に無料査定ですので安心して見てもらうことができます。
査定にお金が掛かることはなく、キャンセルをする時にも無料の場合が殆どです。
もし買取に費用が掛かるような場合は避けた方が良いでしょう。

ちなみに売却をしたい時には宅配買取で売るのがおすすめです。
近くのところでは納得の値段で売れないこともあると思いますが、そういった時には宅配買取で高く売れるところを探し出すようにしましょう。

«
»