ダイヤモンド買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

1カラットのダイヤモンドの買取価格の相場は?

ダイヤモンドを買取りに出す場合、まずは査定を受け、その結果を見て売るかどうか決めると言うのが基本的な形です。
買取りの場合、基本的には鑑定書付きのサイズの大きなダイヤモンドの方が高額買取が期待できる形となっていますが、メレダイヤと呼ばれる小さなサイズでも鑑別所付きだったりブランド品の場合は高額買取となる可能性もあります。

一般的に1カラットの場合は、0.2gに相当します。
またダイヤモンドの査定をする場合は他の宝石とは違って、4Cと呼ばれる審査基準があります。
これはカラット、カラー、クラリティ―、カットの頭文字に着くCをとった物です。
またどの様なカットをしているか、と言う事でも価格が違っているので、全て同じ買取額となるわけではありません。
さらに市場の動向等によっても買取り相場は変動する為、時期によって高くなったり安くなったりします。

現時点での1カラットのダイヤモンドの買取り価格の相場は、グレードの低い物の場合は大体15万円程度での買取と言う事になっています。
ある程度の石のサイズは有りますが、透明度やカットなどでどうしてもそのくらいの金額が算出されます。
また高いグレードの物は大体80万円程度の買取りとなっており、その相場の額にはかなり差がある状態です

ただこれは宝石だけの買取り価格と言う事になっており、実際にはそれがブランドものだった場合、あらにどういった金属でできているアクセサリーかという事でも変わります。
ブランドかどいうかという事でも付加価値が付き、さらに使っている金属によってもその価値は変わるからです。
またジュエリーの場合、そのデザインが新しい物かどうかでも買取り額は変わってきます。
新しい物の方が流行のデザインとなっている場合が多く、さらにやはり売りやすい傾向となっているので、高く評価されやすいからです。

しかし、古いものだったとしても、またノーブランドの物だったとしても安くなりすぎると言う事はまず有りません。
何故なら、ジュエリーとしては流行っていなかったとしても、そこについて居る宝石や使っている金属に価値があるからです。
もちろんダイヤだけでなく他の意志も使っているデザインとなると、その石の価値も合わせて算出されます。
また鑑定書などがもしなかったとしても、100%買取りしてもらえないと言う訳ではなく、買取対象とみなされる場合も多々あります。

ジュエリー自体はそこに使われている石の価値や人気だけでなく、デザインやブランドかどうかと言う事でもかなり金額が変わります。
ただ共通して言えるのは、購入した時よりも買取り価格の方が安くなると言う事です。
1カラットと言うのは結構大き目のサイズで、買取対象としては非常に魅力的なサイズと言えます。
その為、小粒の物に比べるとはるかに高く評価される為、クオリティが低かったとしてもそれ程査定額が安くなりすぎると言う事は有りません。
ただこれらの価値と言うのは時期によっても大きく変動します。
現在買取り業者に持ち込まれるのは新しい物も多いのですが、実はバブル期に買った物も多数存在しています。
バブル期の場合は今に比べると販売価格が高い物も多く存在しているのが特徴です。
その為、買取を利用しようと思う場合、中には購入時の役10分の1程度の査定額となる物も存在している程です。

ただ金属が錆びてしまっていたとしても宝石が評価されれれば買取りとなるし、リングの場合、中に刻印があったとしても大丈夫です。
また業者によっても査定額には差が出るので、出来るだけ高額買取をしてもらいたい時は、複数の業者に査定をしてもらいましょう。
そして最も高い額を提示した所に売れば、よりお得に売却できる仕組みです。

«
»