ダイヤモンド買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

エメラルドカットのダイヤモンド

誕生石

5月生まれの私は、誕生石がエメラルドです。
美しいグリーンのエメラルドは、小さい頃から自分の誕生石として好きな宝石でした。
しかし実際に結婚が決まってみると、やっぱり欲しいのはダイヤモンドです。
私も彼も宝石には全く詳しくありませんが、ダイヤモンドが宝石の中でも最高峰だということくらいは知っています。
やはり結婚は人生の大きな節目ですので、そういうときこそ最高峰のものをチョイスしたいと思ったのです。

エメラルドカットのダイヤモンド

婚約指輪を誕生石のエメラルドにするかダイヤモンドにするか決められず、結納までには何とかしなければいけないと焦り始めたころ、ダイヤモンドのカットに〝エメラルドカット〟というものがあることを知りました。
〝エメラルドカットのダイヤモンド〟私の願いが両方叶う指輪です。
しかも調べて見ると、和装にも合うカットだということで、和服を着る機会も多い私には打って付けです。

母の反対

しかしそれに対して母が反対したのです。
「ダイヤモンドと言えばブリリアントカットだ。エメラルドカットは地味だからやめなさい」
母の言い分も一理あると思いました。
確かにブリリアンカットの方が若さもありますし、何より輝きが違います。
誕生石じゃないのなら、カットの名前ばかりエメラルドにしたって、ほとんど意味はありません。

私はかなり悩みました。
一生に一度のことですから、後悔はしたくなかったのです。

ジュエリーショップへ

とにかく実物を見てみよう、ということになり、私と彼は二人でジュエリーショップに行きました。
目に入る婚約指輪らしい指輪は、ほとんどラウンドブリリアンカットでした。
キラキラしていてとてもキレイだったので、ラウンドブリリアントカットに決めてしまってもいいかな、とも思いました。

彼がお店の人に「エメラルドカットのものはありませんか」と訊いてくれました。
別のショーケースから出されたエメラルドカットのダイヤモンドは、やはり婚約指輪というよりゴージャスな奥様が指にはめていそうな指輪でした。
お店の方も、「婚約指輪としては、ラウンドブリリアントカットのものをお勧めします」と言い、誰もエメラルドカットを勧める人はいませんでした。
決め兼ねた私は、その日は買わずに店を出ました。

彼のお母さまの助言

私の母もお店の人もラウンドブリリアントカットを勧める中、彼だけはエメラルドカットを認めてくれていました。
大粒のダイヤなので値段は70万円ほどしましたが、言われていた予算通りだったので金額には問題ありませんでした。

彼の家に遊びに行ったとき、私が婚約指輪のことで悩んでいると聞いた彼のお母さまが、私に助言をしてくれたのです。

「婚約指輪をもらうのはあなたなんだから、あなたが好きなものを選ぶといいのよ。
 誰が気に入ったって、あなたが気に入らなければ意味がないんだから」

そう言われてハッとしました。
私は、母の気に入るように、友だちや周りの人に羨ましがられるようにと、どこかで人の目を気にしていたのです。

婚約指輪の購入

私は彼と一緒に、再度ジュエリーショップへと向かいました。
今度はハッキリとエメラルドカットのダイヤモンドを見せてほしいとお願いし、指にはめて鏡に映してみました。
私の指にしっくり来て、私は「やっぱり素敵だ!」と思いました。
店員の方が「婚約指輪としては、ラウンドブリリアントカットをお勧めします」と言ってから、「でもお客様にはエメラルドカットもお似合いですね!」と言ってくれました。
彼は一貫してエメラルドカットのものを勧めてくれていたので、その場で購入を決めてしまいました。

母は少し呆れていましたが、「気に入ったものがあって良かったわね」と言ってくれました。
サイズのお直しが出来上がったら、受け取りに行きます。

ずっと見守って、急かすことなく待ってくれて、快く購入してくれた彼には感謝しています。

«