ダイヤモンド買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

ダイヤモンド買取の場所は質屋か専門店どっちがいい?

素材として所有している人はもちろんですが、中には「資産」としてダイヤモンドを所有している人もいます。
どのような目的で所有しているとしても良いのですが、「売る」となった場合の選択肢いかんによって価値が大きく変動する可能性があることは、よく理解しておくことが大切です。
特に、資産として所有している場合は売却価格が大きなポイントになる以上、より適切な方法で売却することが求められます。

売却時の選択肢として、たとえば「リサイクルショップ」「質屋」「宝石や貴金属の買い取り専門店」などがあります。
特に高額な商品を一般的なリサイクルショップに持ち込む機会は多くありませんが、他の選択肢を把握していない人ならば何の迷いもなくリサイクルショップに持ち込んで査定を受けることもあり得ます。
もちろん、必ずしもリサイクルショップを選択することが間違いであるというわけではありませんが、一般的には優先度は低いです。

通常、高価なものを売却する時には、その分野に関して専門的な知識とノウハウを持っている専門店を利用します。
免許を持った査定士が居る買い取り業者に持ち込んでこそ正しい評価を得られると考えた方が無難であり、状況によっては一般アルバイトが査定を行うリサイクルショップとは大きな違いがあります。
専門店ならば鑑定書の有無で価値が変わることも少なく、そのもの自体の価値が正確に評価されます。

エンゲージリングやネックレスなどでも使われることの多いダイヤモンドですから、多くの人が大なり小なり所有していることが多い宝石の一つです。
価値を判断する上で「相場」が大きく関係することは言わずもがなですが、細かな分類があることもポイントの一つです。
たとえば、車なら「車種」「グレード」という大きなくくりで根本的な価値は異なりますが、それ以外は使用(保管)環境などによって違いが出ます。

ところが、ダイヤモンドなどの宝石類に関しては「グレード」「カット技法」「状態」「カラット数」などさまざまな根拠が価値を左右します。
素人がこの判断を的確に行うことはまず不可能である以上、プロの評価をそのまま信用するほかありません。
ただし、100%正しい査定が行われているとは言い切れないため、最終判断をするに当たっていくつかの比較対象を準備することが大切です。

多くの買い取り業者は無料査定を行っているため、利用者にしてみれば何のリスクもなく価値を知ることができます。
査定額を見ながら最終的にどうするのかを判断していくことができれば失敗のリスクは少なく済むため、可能な限り1件でも多くの査定を受けて結果を比較するようにしましょう。

もし、選択肢が絞り切れない場合は、インターネットを使って評判の良い方法を調べる方法もあります。
単純に利用する価値の高い買い取り業者を知るための手段として活用する方法はもちろんですが、どこの地域からでも利用できる選択肢なのかどうかは違います。
いかに優先度が高いとされる方法だとしても、現実的に利用することができなければ何の意味もありません。

あらかじめ優先度の高い選択肢を把握できている状況であれば何の問題もありませんが、そうでないならばしっかりとした根拠を持って選択肢を厳選できる状態を目指すことが大切です。
そして、その方法として有効な手段が「体験談を参考にする」というものです。

質屋と専門店を比較したとき、確実にどちらかが優れているとは言い切れません。
状況次第でどちらが優勢かが変わる可能性がある以上、「どういった要因で優先度の変動が起こる可能性があるのか」を事前に把握しておいて、現実的な結果と見比べながら最終判断につなげていくと良いでしょう。

ダイヤモンドのピアスは片方だけでも買取してもらえる?

もしアクセサリーボックスにピアスやイヤリング、ネックレスなどが眠っているなら、貴金属を買取している専門店などで現金化すると便利です。
昔購入したけれどデザインが古くなってしまい、使用する頻度が低いなら、早めに買取を依頼した方が新しいアクセサリーを購入するための資金に変えることができます。
ピアスなどの査定基準は地金の価値やブランド、デザインなどが中心になります。
地金の相場価格などをベースに査定すると、使用済みのピアスも問題なく買取することが可能です。
イヤリングの場合、ピアスよりもボリュームが大きいので、多少時代遅れでも買い取ってもらえます。
一度も使っていない新品のジュエリーなどは、リユース用に買取することが可能です。
基本的に、中古品と同じく地金の相場における査定基準になりますが、付加価値としてブランドやデザインなどにも評価が付くこともあり、誰かにもらったピアスなど、もし好きなデザインではないなら、装着しないで買取用として保管しておくと良いでしょう。
ピアスなどの買取査定のポイントを考慮しておくと、要らない物が出た時にスムーズに買取を依頼できるでしょう。
金やプラチナ、ダイヤなどの場合、高値が期待できるので、いくつかのポイントを踏まえて業者に依頼することをおすすめします。
ピアスなどの地金で査定を行う店の場合、片方でも買取してくれます。
キャッチがなかったり、18金のキャッチが20個もあるなどのケースの場合は査定してくれるので、形が整っていないようなものでも専門家に依頼してみましょう。
地金の相場価格を元に査定する業者は、汚れが付いているようなピアスでも買取してくれます。
しかしオークションなどの場合、リユースが目的で購入するので使用済みのピアスは不衛生と捉えられる傾向があります。
使用したピアスやイヤリングなどのアクセサリーの売却には、汚れを問わない専門家による買取業者が適しています。
非常に小さいピアスは測定が難しいという理由から買取されないケースもあり、買い取りする価値がないと判断される場合もあるので箱や鑑定書を持参すると良いでしょう。
一般的にアクセサリーにはK18などの刻印をしていて、トラブルを回避するのに普段から刻印付きピアスを買うと高値にも繋がります。
ピアスは外した後、そのままにしている人もいますが、耳のピアス穴に入れるので汚れやすくなっています。
きれいにしないでそのままにしておくと、衛生的に良くなく、見た目も良くないので高値で買取できなくなります。
こまめに一つずつお手入れすることが大事です。
ピアスは肌に直接触れるので汗などで汚れやすく、少し濡らして絞ったティッシュを使って汚れを拭き取ると良いでしょう。
ポスト全体はもちろん、キャッチの平らな場所や宝石の裏側などの部分も丁寧に拭きます。
アルコールの綿で拭く場合、宝石などにアルコールが付着しないよう気を付け、小さくものは失くしやすいので丁寧に扱います。
ホコリをかぶらないよう、その都度ケースに保管し、買った時に入っていた箱はかさばるので、小さなケースで区分すると便利です。
ダイヤなどが付いた高級なアイテムの場合、きちんと封ができる袋に入れ、空気を抜いて保管しましょう。
汚れがひどい時はぬるま湯に中性洗剤を入れ、フィルムケースなどに入れて洗うときれいになります。
きれいにすすぎ、水分をしっかり拭き取ります。
素材によっては洗剤を使えないものもあるので確認しましょう。
高値で買取してもらうコツはなるべく早い段階で売却することです。
きれいに保存しておき、イヤリングやピアスなどの片方になったものでも、専門家に依頼すると買取してくれます。

ダイヤモンド買取の査定をしてもら前に気を付けたいこと

ダイヤモンドやジュエリーなどの宝石を買い取ってもらうときには、専門知識を持ったプロの鑑定士がいる買取専門店を利用するといいです。
鑑定士がいるお店ならきちんとその宝石の状態や相場などにあった金額を提示して買い取ってもらうことができます。

買取専門店ではダイヤモンドのカット、カラー、クラリティやカラットなど、4Cといわれるものをきちんと確認して査定料金を提示してもらうことができるので安心です。
またどのクラスのものなのかもきちんと査定をしてくれるので、そのクラスによっても買取価格に差があるといいます。
たとえば、クラリティがIクラスの場合、より見た目を重視したものとして扱われるということです。
目に見えない品質にもこだわりたいというときにはさらに上のクラリティのものを選んで購入している人もいます。

このようにどのようなダイヤモンドなのか、宝石の状態や種類なども確認するときに必要なものが鑑定書などです。
これはその宝石がどんなものなのか、どのクラスのものなのか、年代はいつなのかということなどを証明するための書類です。
なので買取専門店に持ち込むときには鑑定書を一緒に持ち込むことで高額査定につながることもあります。

買取専門店ではダイヤモンドなどの宝石の相場もしっかりと考えて査定料金を提示するので、そのとき高額になっている宝石を中心に持ち込んで査定をしてもらうのもいいです。
そのときの相場をきちんと確認してプロの鑑定士が判断してくれるので安心して買い取ってもらうことができるのが専門店のいいところです。

買取専門店を利用して品物を買い取ってもらうときには3つの査定方法があります。

店舗へ持ち込んで査定をしてもらい買い取ってもらう方法、郵送で品物を送って店舗で査定をしてもらう宅配買取、そして自宅まで来て鑑定士にその場で査定をしてもらう出張買取です。
一番多いのは店舗まで持ち込んで査定をしてもらう店舗買取です。
その場でしっかりと説明をしてもらうことができるので安心です。

郵送して買い取ってもらう宅配買取はお店が遠方にある場合や品物が多いのでなかなか店舗まで持っていくことができない、車がないので店舗まで行くことができないときなどに便利です。
きちんとひとつひとつの品物の査定料金を提示してくれるので、納得できたら買い取ってもらうということができます。

出張買取は自宅まで鑑定士の方に来てもらってその場で査定をしてもらい、現金で買い取ってもらうという方法です。
一度この買取方法でダイヤモンドのリングとジュエリーを数点買い取ってもらったことがありますが、とても丁寧で納得して買い取ってもらうことができました。
目の前でひとつずつこの品物はこのくらいで買い取ることができると説明してもらえたので安心して買い取ってもらえたのがよかったです。

出張買取を利用するときにはきちんとした信用を持つことができるお店の鑑定士の方にお願いするのが一番安心できます。
無料査定をしているお店が多いのでとても便利です。

鑑定士の買取実績やどのくらいの価格で品物を買い取っているのかを知るためには、そのお店のブログ、ホームページなどをしっかりと確認し、あらかじめ仮の査定をしてもらうことができる場合はその査定を利用してみるのもいいです。

ダイヤモンドなどの買取をしてもらうときにはそのブランドのものであると証明できる鑑定書、購入したときに入っていたボックスや袋、ケース、布などもすべてそろえておくようにしましょう。
できるだけ購入したときに近い状態のほうが高額査定に近づくことができるといいます。

普段から身に着けているものなら買い取ってもらう前に汚れを取り除いたり、少し拭いておくというのもいいです。
専用の布などで丁寧に優しく拭いておくという人もいますが、繊細なつくりのものなどはそのまま持ち込んで傷つかないように気をつけます。

ダイヤモンド買取のネット査定ってあるの?

様々な要因によって価格が変動するダイヤモンド買取は難しいと考えられています。
変動するタイミングによって適切な価格を提示できるのかという点が良い買い取り業者を悪い買取業者の判断基準となりえます。
ダイヤモンド買取の現場で必要とされるのは正しい知識と経験です。
正しい知識を備えていない業者では買取の際に適切な金額を提示することができません。
なかには知識がないからといって安い金額を提示するケースもあります。
高額な商品だからこそ、適切な金額での取引が重要になってきます。
正しい知識は一日に身に付くものではなく、積み重なった経験によって身に付きます。
価格の変動が激しいダイヤモンド買取は数ある買取商品の中でも難しい部類に入ると考えられています。
依頼をする際は実績と経験を持つ業者に依頼することをおすすめします。
高く販売できるノウハウを持っている業者も高価買取を期待することができます。
販売方法のノウハウがない業者では安い金額しかつけることができず、満足のいく結果を得ることができません。
ダイヤモンド買取を行っている業者の中から依頼先を選ぶ際に査定士の存在は無視することができます。
もちろん、業者の実績も確認する必要がありますが、その業者に優秀な査定士がいるかも同時に確認しておくことをおすすめします。
査定額の変動が激しいからこそ、常に動向を追うことができる優秀な査定士の存在が大きくなります。
経験の乏しい業者では査定士も育っておらず、査定をする際に基準が曖昧になってしまう恐れがあります。
鑑定する前に用意しておきたいのが鑑定書です。
鑑定書の有無により、金額が上下することは少なくありません。
鑑定書を所持していない場合でも、査定してもらえる業者もありますが持参する方が高い査定金額を期待することができます。
査定額に大きく影響してくるのがカラットグレード、カラーグレード、クラリティグレード、カットグレードという四つの基準です。
カラットグレードとは宝石の重さを示す単位カラットの評価になります。
重さで評価したものであるため、判断しやすい要素となっています。
カラーグレードは無色のDからZまでに分類されたダイヤモンドの色合いから判断していきます。
クラリティグレードは内包物や傷の程度から判断していくものです。
最後にカットグレードでは光の反射から総合的に評価していく要素となります。
これらの四つの基準が買取金額を大きく左右させます。
専門的な知識が求められるため経験の乏しい業者では適正価格を出すことができます。
また、相場をしっていないと評価をすることができず結果的に安い金額での取引になってしまうことがあります。
買取の依頼をされる際に誰しも査定金額が気になると思います。
大切なものだからこそ適正な価格での取引を望まれるはずです。
取引が完了してしまう前におおよその金額が把握したいという方にはネット査定がおすすめです。
ネットにて依頼品の情報や鑑定書の有無等を伝えるだけで、査定金額を教えてもらえるサービスです。
このサービスを利用すると、自分の依頼品がどの程度の金額になるのかを事前に把握することができます。
金額の変動が多い商品だからこそ買取依頼に対する不安も大きくなります。
ダイヤモンドのような高価な商品の買取には正しい知識と経験が必須となります。
業者によって大きく金額が異なることも少なくありません。
高価買取を実現するためには正しい業者、査定士選びも欠かすことができない作業となります。
専門的な知識を有する査定士に鑑定を依頼をすることで、満足のいく結果を得ることができます。
そして、依頼前にネット査定を利用することで失敗するリスクを大幅に減らすことができます。

ダイヤモンド買取で高額になるコツは?

貴金属、宝石の買取を行っている業者や会社はたくさんあります。
ジュエリーの中でもやはりダイヤというのは宝石の中でも需要が高いですし、永遠の輝きといわれているだけあり、人気のあるアイテムということもありますので、買取は安定した金額で行ってもらうことができます。
一般的にダイヤは婚約指輪として作られていたり、ファッションダイヤリングという事でも作られていますが、その場合には、周りがプラチナ、18金、の場合には高額で買取してもらえることが多いです。

それは、ダイヤだけではなく、プラチナや金というのも、それ自体に価値がありますので、プラスして価格を付けてもらうことができるためです。
石だけではなくセットで依頼をされるケースもあると思いますので、そのリングの部分の素材、そして重さによっても買取金額が変わってきます。

もちろんダイヤそのものとしても鑑定をしっかりしてもらうことができます。
カット、カラー、大きさというのは、3つの査定ポイントとなることが多いです。
また、鑑定書がついているものについては、さらに高額になる可能性があります。
鑑定書付きのものは、それだけ保証されていることになりますし、一応査定をしてもらう際には、知識や経験のある鑑定士に見てもらうことができるのですが、その経験や知識というのははっきりいって、ばらつきが出てしまうこともあります。
しかし、鑑定書がついているとすれば、確実にそのものの価値をみてもらうことができますので、もしカラーやカットの仕方がかなり高品質であれば、その分きちんと査定額に組み込んでもらうことができるでしょう。

やはりできるだけ高額で買取をしてもらいたいということであれば、1つのお店で即決せずに、いくつかの所で査定をして比較してみる事が良いでしょう。
無料査定を行うショップもたくさんあります。
大体のことであれば、メールで相談ができるところもありますが、細かく査定をしてもらうのであればやはり実際にお店に持ち込む、もしくは宅配便で届けて査定してもらう、さらには出張して査定してもらうということもできるお店もあります。
いくつものお店で査定してもらうとなると、時間も手間もかかってしまうかもしれませんが、ここでもし高額なダイヤリングだったのでしたら、できるだけ高値での買取をしてもらわないと損をしてしまうことになります。

また、指輪の場合にはプラチナや18金の場合には、その重さなどによってもお値段が変わってきます。
さらには相場は買取をしてもらう日によっても異なりますので、できるだけ高い時に売るのがベストです。
ちなみに今は金が比較的高く売れると言われていることもありますので、不要なものがあるようでしたらダイヤなしであっても、金を使ったジュエリーがあるようでしたら一緒に買取をしてもらうと良いでしょう。

ダイヤリングの場合、ブランド品の場合には一般的なダイヤリングよりも購入するときに高額だったかもしれません。
しかし、買取の場合には、ブランドの価値というのは人気があるかどうかというのもありますし、デザイン的なところであまり求められていないものですと、ブランドとしての価値はあまり考慮されずに査定をされてしまうケースもあります。
そのため、ブランド品買取という業者を利用するよりも、純粋に貴金属、宝石類の買取を行う業者を利用する方がメリットがあるケースもあります。
その方が確実な査定をしてもらうことができるためです。

また、ブランド品ではない場合、ブランド品とメインとしたお店に持って行ってしまいますと、メレダイヤなどの細かいものまでは査定してくれず、全体的な重さを量って査定されることもありますので要注意です。

5カラットのダイヤモンドの買取価格の相場は?

ダイヤモンドは4Cと言われる基準によってその価値が決まります。
一つ目のCはクラリティで透明度を言います。
専門家が10倍のルーペで調べて中に内包物やキズなどのインクルージョンがないかを確認します。
キズが全くないものをFLクラスの最高峰とし、内包物の数などにより段階が設けられ、VS2クラスまでが結婚指輪などに使うものとして最適であるとされています。
次のCはカラットで、重さです。1カラット0.2グラムが重さであり、重いものほど価値が高いです。

次のCはカットです。
ブリリアントカットがダイヤのもつ価値を一番発揮してくれるカットで代表的なものです。
職人の腕によってカットのグレードも変わってくるので、エクセレントという最高のグレードに査定されると価格も大きくなってきます。
そして最後のCはカラーです。
無色透明なのが王道ですが、カラーダイヤなどが人気が高く、相場での査定額も高いです。
ピンクやイエローなどのファンシーカラーのものも増え、ジュエリーや他の宝石と合わせて組み合わせてネックレスや指輪にしたり、いろいろな使い道があります。

鑑定書の有無によって査定額が大きく変わります。
もちろん、鑑定書がない場合でも、ダイヤ専門の鑑定士などによって相場の査定ができますので心配はありません。
5カラットは1グラムです。
1グラムと聞くととても小さいものを想定しますが、宝石の王様であり、内包物がなくカットが綺麗などといい条件がそろっていると相場価格はもちろん高くなります。
なぜなら採れる分量自体が少ないことに加え、大きいサイズで市場に出回ることがほとんどないからです。
それゆえ、1カラット以上で他の宝石にないような値打ちが生まれます。
市場に出回るのはほんの小さいサイズやキズのあるものがほとんどで、高いお金を出さないとよほどのものを手に入れることは難しいのです。

5カラットの査定額は、VVS1のエクセレント、わずかな濁りもない無色透明の最高クラスで、2700万円です。ほぼ無色のクラスになると600万円まで落ちます。
VVS1のグッドクラスでわずかな濁りもない無色透明クラスで最高のDランクで2000万くらいです。
VS1クラスになると、無色透明の最高クラスでエクセレントで2000万、そこから内包物の有無によって数百万まで落ちます。
VS1のグッドクラスの無色透明の最高クラスで1500万、そこから内包物の有無によって数百万まで落ちます。

肉眼では困難だけれど10倍のルーペで内包物が確認できるクラスのSI1クラスで、エクセレントのグレードでは査定は最高で1000万くらいです。
SI1クラスのグッドで最高は700万、内包物の有無によって価値はどんどん下がり、300万円くらいまで下がります。
SI2クラスになると、SI1クラスより少し査定額は落ちます。
エクセレントで最高でも600万で、僅かな黄色を帯びるほどに300万まで落ちます。
SI2クラスのグッドでは最高でも500万で黄色を帯びると200万台になります。

このようにダイヤモンドは5Cともなると他の宝石市場では考えれないほど高値で売買されます。
それは出回っている数が少ないことと、宝石としての希少価値が物凄く高く、今なおジュエリー界の王様であるからです。
内包物がほとんどなく10倍のルーペで確認しても濁ったところが見られない無色透明クラスであり、またエクセレントカットともなると、最高峰クラスの査定額となります。
一般ではキズが全くないものはほとんど見られません。
数千万の査定額で取引されるほど、5カラットの1グラムと宝石としては軽量であってもダイヤモンドの市場価値は相変わらず高いのです。

小さいダイヤモンドでも買取してもらえる?

不要となった貴金属を処分する方法として、現在では買取りを利用する人も増えています。
指輪、ネックレス、ブレスレット等金属類は勿論の事、そこについて居る宝石も勿論買取り対象となるだけでなく、古いデザインのものでも買い取ってもらえる様になっています。
では、小さいダイヤモンドは買取り対象となるのでしょうか、それとも小さすぎるので買取りは不可能なのでしょうか。

小さいダイヤモンドの事をメレダイヤと言います。
例えばハーフエタニティのリング等にも多く用いるもので、大きな石を引き立てる役割などをになっています。
利用する事によってキラキラとより一層華やかな印象を与えることが出来るので、現在では多くの貴金属に活用されています。
ただ非常に小さいので、大きな石に比べると宝石としての価値が低いのではないかと思われてしまうことも少なくありません。
またお店によっては大き目の石であれば買取対象となりますが、残念ながらメレダイヤは対象外となってしまう場合も有ります。

しかしあくまでも対象外となる場合もあると言うだけ、全く買い取ってもらえなと言う事でも有りません。
小さくても宝石は宝石なので、十分その価値があるからです。
ただ、実際に買取業者の所で査定をしてもらう場合、その査定額を大きく左右するポイントがあります。
その一つが鑑定書です。
実際に宝石を購入すると本物の場合は鑑定書が付いてきますが、それがあるかどうかで査定額にはかなりの差が出る場合もあり、さらに買取りの可否が変わることすらあります。
鑑定書は第三者がその宝石を本物だと認めた時に発行する物なので、そのアクセサリー等の価値を証明することが出来るものだからです。
したがって、予め鑑定書を用意してからお店の方に行って査定を受けると、何も持っていない時に比べて査定額がアップすると言う事は決して珍しくありません。
業者としても本物と証明された物の方が安心して買い取りやすいからです。

ただ鑑定書が無いからと言って、全く価格を付けてもらえないかと言ったらそれもまた違います。
現在、買取サービスを利用する場合は複数の業者に査定してもらい、その結果を比較検討して最も良いと思った所に買い取ってもらうのが良いとされています。
もちろんブランドジュエリーの方がより相場価格が高く設定されている場合も多く、さらにプラチナであればより高く評価される傾向となっています。

ブランドジュエリーの方がノーブランドの物に比べると高く評価されるのは、ブランドと言う付加価値によってその商品を欲しいと思う人が見つかる可能性が高いからです。
業者は買い取った商品をそのまま自分の所に置いておくのではなく、それを別の人に売却して利益を得ます。
つまり、売れそうな物であれば買い取るし、売れなさそうな物であればどれだけ美品だったとしても買取りは難しいと言う事です。

またもう1つ知っておきたいの葉、基本的にメレダイヤには鑑定書が付かないと言う事です。
小さくてもとても美しい輝きを誇っていますが、一つ一つに証明を付けると言うのは鑑定料だけでも高額になってしまうからです。
ただ、小さいからと言って偽物と言う訳ではありません。
業者の中にはそうしたメレダイヤに対しても正しく評価し、買取対象とみなしてくれる所も有ります。

しかし業者によってもメレダイヤの扱いは違っており、どこでも同じ様に買い取ってくれるわけではありません。
その業者自体がどの様な販売ルートを持っているかという事でも変わってくるからです。
したがって、1つのお店で買い取ってもらえなかったとしても、別のお店ではもしかしたら買い取ってもらえる可能性も十分あるので、まずは複数の業者に査定を依頼してみましょう。
またメレダイヤの場合は鑑別書がついて居る場合も多々あるので、査定を受ける際は必ず用意しておきましょう。

ダイヤモンド買取で値段の交渉とかできるの?

美しい輝きを持つ宝石としてはもちろん、実物資産の一つとしても人気が非常に高いものと言えばダイヤモンドが挙げられます。
金と同じように高い希少性と変わらぬ価値を持っており、しかもその価値は世界中どこへ行っても大きく変わることはありません。
国が発行する紙幣などとは違い、持ってさえいれば価値が失われるようなこともありません。
このため換金性が非常に高く、簡単に持ち歩くことができるという点からも資産性が高いと言えます。
現代社会では株や債券などが代表的な資産として見なされていますが、ひとたび経済不況に陥れば一瞬で紙くずになってしまう危険性もあります。
この点、ダイヤモンドのように不変的な価値を持つ資産の重要性が増しているのです。

さらに、このジュエリーが資産として人気を集めているのには他にも理由があります。
それは、価値価格が常に一定の金額に安定しているといことです。
世界に存在する量があらかじめ決められており、その希少性を守るために価格統制が行われています。
需要と供給のバランスが常に一定に保たれており、急激に暴落するようなこともあり得ません。
例えばどこかの国が経済破綻した場合、その国が独自に発行している債券や紙幣は当然価値を失ってしまいます。
しかしダイヤモンドのように世界的な価値が認められている資産は、国が破綻しようが価値に全く影響がありません。
いつどこで、誰に対して売却しても一定の価値を保証されているものこそが、ダイヤモンドだと言えるのです。

このジュエリーを取り扱っている国は世界中に存在し、常に取引が行われています。
このため世界レベルで一定の相場というものが決まっており、そこから大きく逸脱した価格で売ることはありません。
しかし、大まかな相場の範囲内であれば、軽微な誤差は買取店ごとに発生します。
1円単位まで全ての国できっちり合わせるということは何事においても不可能であり、同じジュエリーでも価値を高くつける買取店もあれば低くつける買取店もあります。
明確に価値を規定するものがないため、売り方によっては高くも安くもなってしまうのです。

このように、非常に高い資産性を持つダイヤモンドはその希少性ゆえ、買い取ってもらう時に価格交渉の余地があります。
買取店は特別な資格を持つ鑑定士が査定を行い、鑑定書の有無やカット、カラーなどを総合的に判断したうえで価値を決定します。
基本的に鑑定してもらうだけなら無料査定が可能で、仮に売却しなかったとしても鑑定代金を請求されるようなことはありません。
仮に鑑定代金やキャンセル料金などを請求してくる買取店があったら、悪質な業者と判断して決して取引に応じないようにしましょう。
買取店から査定してもらうことで、自分のジュエリーがどれくらいの価値を持っているのかを知ることができます。
より多くの買取店で査定してもらうことによって正しい価値を知ることができるので、それをもとに価格交渉していくことがポイントです。
他の買取店ではいくらの値が付いた、この値段なら売りたいなど、ボーダーとなる金額がはっきりしていた方が交渉を有利に進めることができます。
鑑定書付きなど状態の良いダイヤであれば引く手数多なので、安易に最初に査定してもらった買取店の言い値でそのまま売ってしまうことの無いようにしてください。
悪質な業者に引っ掛かってしまった場合、本当なら10万円の価値があるジュエリーなのに、1,000円で買い取りますなど平気で言ってくることもあります。
素人では鑑定しようがないので、騙されて損をしないためにも事前に複数の買取店に査定を依頼し、正しい価値を知っておくことが非常に重要となります。

ダイヤモンドの買取価格が高値の時期とかあるの?

宝石は希少性が高く資産としても人気の高い品物なので、買取相場は常に安定しているというわけではありません。
売却のタイミングを少しずらしてしまうだけで、数万円以上もの価格差が出てしまうことも多いのです。
なぜこのような価格差が出るのかと言うと、ダイヤなどのジュエリーは美しさに対して基準が設けられており、それぞれのクオリティによって買取価格が多きく異なります。
価値を正しく判断するためには正しい基準で鑑定する必要があるのですが、鑑定のやり方も買取店ごとにバラバラなのです。
つまり、同じクオリティのジュエリーでも、鑑定が得意な店舗なら正しく高い価値をつけることができますが、鑑定が苦手な店舗の場合は正しく価値を判断できず、高すぎたり安すぎる査定結果をだしてしまいます。
このため、持ち込む買取店によって価格が変わるという事態が起こるのです。

また、ダイヤの買取価格が変わる原因は美しさ以外にもあります。
それは私たちが暮らす日本の経済状況で、景気が良くなれば高額で買い取ってもらえますし、逆に景気が悪化すれば安く買われてしまうようになります。
ジュエリーや貴金属業界はこういった市場経済に影響されやすく、オリンピックなどの世界的なイベントがあったり、経済が上昇傾向にあるときには高額で買い取られることが多いです。
このため、手持ちのダイヤを少しでも高く売却したいと考えているなら、経済が上向いているタイミングを狙った方が良いと言えます。
景気が良くなっているかなんて分からないという場合は、ニュースで平均株価などの経済情報をチェックしてみましょう。
平均株価が上がれば景気は良い、逆なら悪いと判断できます。
上昇傾向にある場合は売り時、そうでない場合は経済が上向きになるまで売却せず待ってみるというのがオススメです。

ただ、高値で売れる時期はあくまでもプラスアルファ的な要素で、大きく買い取り額に影響するのは当然ながらダイヤそのもののクオリティです。
どんなに景気が良くてもクオリティの低い宝石では高く売ることはできませんし、クオリティが高ければ時期によっては相場以上の高値で買い取ってもらえる可能性もあります。
宝石のクオリティを証明するのに最も大切なのは、鑑定書です。
鑑定書にはその宝石のカットやカラーなど基本的な情報が記載されているだけでなく、それが間違いなく情報通りの宝石であると証明するための書類です。
どんなに外見が良い宝石でも、鑑定書が無ければ本物だと証明することができないため、正当な高値で買い取ってもらえなくなります。
このため、売却する場合には必ず鑑定書を探し、一緒に無料査定に持ち込むようにしましょう。
鑑定書が無い場合は査定が非常に難しくなるのですが、その場合も複数の買取店で査定してもらうことで、だいたいの価値を知ることができます。
鑑定する担当者は各買取店ごとに異なりますが、判断する基準はだいたい同じです。
このためより多くの査定をしてもらうことで査定結果の平均が分かり、自分のダイヤがどの程度の価値を持っているかが分かるようになります。
売却する際には、その中から最も高い値を付けてくれた買取店に持ち込んだり、他の買取店ではこれくらいの査定額が付いたと言って買取額の交渉を行うこともできます。
1社のみで鑑定してもらうとその店舗の言い値で売却することになり、正当な鑑定結果でなければ損をしてしまうこともあるでしょう。
せっかくジュエリーの中でも最も価値が高いとされるダイヤモンドを売却するのですから、少しでも高く売れるようにできることはしておくべきです。
買取店は基本的に無料査定をしてくれるので、気軽にいくつも持ち込んでみてください。

ダイヤモンド買取の査定評価の基準は?

ダイヤモンド買取の査定評価には国際的な基準があり、日本で買取を行っている店舗の大部分がそれに従っています。
世界的に需要が高く、富裕層から個人まで誰もが欲しがるものゆえ、業界として査定士が参考にするべき項目が定められているのです。
資格を持っている査定士が正当に評価した場合、どの店舗でもおおよそ同じ買取価格になります。
宝石の価格が売買する度に上下するのは、誰にとっても好ましくないので、客観的な基準を設けているのが現状です。

宝石の中でも天然のダイヤモンドは貴重なもので、原則的に掘り出した原石を削っていく加工方法だから、重量は重いほど高評価です。
カラットと呼ばれている独自の基準を使っていて、カラットが大きくなるほど高額の買取になっていきます。
大きな原石はなかなか見つけられないので、仮に小さなサイズをいくつか用意しても、それらを合計した重量とほぼ同じ1つの方が高く売れることを覚えておきましょう。

宝石は光を受けた時の輝きによって人々を魅了するものだから、色は無色に近いほど査定アップにつながります。
天然だから多少のカラーはどのダイヤモンドにもついており、プロの査定士が専用の器具を使用して、国際的に用いられているチャート等を参考にしながらグレードを決定します。
カラーについては、プロでも理想的な環境でチェックする必要がある項目で、特にほぼ無色のグレードにおける違いは肉眼では分からないほどの小さな差です。

鉱物は固体になるまでの間に色々な物を取り込んでおり、宝石についても例外ではありません。
ダイヤモンド買取の査定としては、当然ながら不純物が少ないほど高評価であり、透明度を示すクラリティの項目で詳しく基準が決められています。
クラリティは、中に入っている物体の大きさ、位置、色によって査定結果が変わるのが一般的です。
高いグレードになると、査定士によるチェックを受けることでようやく違いが分かります。

加工するカット作業は、宝石の形状を決めるだけではなく、輝きを最大化させる効果もあります。
一般的に販売されている状態では、その原石の魅力を全て引き出すようにカットされています。
機械のみでは到達できない領域の作業だから、熟練の職人が行っているのです。
完成品としての仕上げも含まれているので、研磨作業も同時に実施しています。
形状と目視評価の両方でグレードを決めるものの、カットの種類によっても変わるので気をつけましょう。

4つの評価基準である、重量、色、内包物、カットによって査定されますが、カラーダイヤモンドはそもそも色がついていることがセールスポイントで、むしろ色が濃いことや、市場価値が高いことが重視されます。
人工的に着色した場合は希少価値という点で事情が変わってきて、天然とは全く違う扱いになる可能性があるので、店頭に持ち込んで査定を依頼する時には、事前に自分のものが天然であるのかどうかを確認しておくべきです。

ダイヤモンドの購入時に店舗からもらえる鑑定書を見れば、どれぐらいの値段で売れるのかを知る手がかりになります。
必要な項目をオンラインで入力することで、簡易的に結果を知ることもできるため、まず鑑定書の内容をじっくり読んでみましょう。
正式な鑑定書は、業界で信用がある鑑定機関が発行したもので、持込みの際に併せて提出すると、より早く結果を知ることが可能です。
発行された年度と鑑定機関によっては、店舗の査定士が国際的な基準で改めてチェックする場合もあります。
宝石に関する専門知識と技術があると証明されている有資格者の査定士がいる店舗を選ぶと、国際的な基準に従って正しく鑑定してくれるから、高く売れる可能性が高まります。

« 過去の記事
最新の記事 »